選べる格安ドメイン

WordPress

WordPressを導入してアンテナサイト作ってみたら簡単だった

2017年2月6日

アンテナサイト」を一から作ってみると意外と簡単だった。

アンテナサイトとは、俗に言うまとめサイトをまとめたサイトの事で様々な形態があると思うが、今回のゴールとしてイメージしているのはこういうタイプのもの。

良く見るタイプのアンテナサイト。他サイトのRSSフィードを取得して自サイトに自動投稿させている形。

あくまで上記は一例だが、デザイン調整などを除いては、このタイプのアンテナサイトであれば結構簡単につくれるのではないかと思い今回のゴールに置いた。

 

ちなみに冒頭で述べた、「一から作ってみた」というの"一から" は、本当に何も素材が無いところからのスタートで、サーバーすら準備していない。

 

こうして、一日作業してみた結果。。

意外とできた。

 

本記事ではワードプレスを使用した「アンテナサイトの作り方」として、一から作業する場合の大まかな流れを紹介したい。

 

WordPressでのアンテナサイトの作り方

本記事では作成方法の大きな流れの説明をメインに記載している。

WordPressでのサイト構築方法については、下記記事で最速構築してるのでご参考までに。

【ロリポップ×WordPress】最速10分でできる!!ホームページの作り方

続きを見る

 

それでは、やったことの概要と流れをざっくりとまとめる。

 

1.レンタルサーバーの選定

まずは、WordPressをインストールして公開するためのレンタルサーバーを借りる。

無料で公開できる他の手段もいろいろあると思うが、難易度があがり本質的でない作業に時間を取られることが多いため、割り切って借りるのがおすすめ。

巷でよく候補として挙げらて比較されているのは以下

メモ

  • さくら
  • ロリポップ
  • エックスサーバ

コスパで選ぶなら「さくらorロリポップ」、安定と性能(速度)を求めるなら「エックスサーバ」といった具合。

構築後の移行も簡単にできるので、まずは一番安いサーバーで試してみる方向で良いかと思う。

おすすめはロリポップ!のライトプラン(月額250円~)。他と比較しても安い。

ロリポップ!各プランの性能を比較してみた

続きを見る

あるいは、各プロバイダーともに無料で利用できる期間があると思うので、その期間を利用してお試ししてみるのも良いかと思う。

 

2.ドメインの取得

ドメインの取得はサイトを一般公開して運用する想定が無ければ不要。

とりあえず契約したレンタルサーバーのサブドメインが使用できるかと思うので、そちらで様子をみるのも良い。

今回は、定番のムームードメインで取得。

.comとか少し引かれましたが、これから作るのはテストサイトみたいなもんなんで、費用が安い「xyz」ドメインに決めてました。

時期によって価格が変動するが、安いものは100円以下で購入可能なので使い捨ててもさほど痛くない。

 

3.WordPressインストール

ちょちょっとした初期設定を終え、ロリポップサーバにWordPressをインストールしていく。

ロリポップサーバーをはじめ、多くのレンタルサーバーはWordPressの構築、運用をサポートする標準機能がついている。

ボタン一つクリックすると簡単にインストールを進めてくれるので、余計な労力が一切かかからなくて素晴らしい。

さくさくと進めていきましょう。

 

4.WordPressの設定(テーマ選び)

細々した設定は大分端折ってますが、メインの作業はここから。

サイト作りらしき作業がはじまります。

まずはテーマの選択として利用するテンプレートのようなものをお好みで物色しましょう。

私はアンテナサイトに適しているといわれている「Hueman」にしました。

 

ちなみに、有名ブロガー界隈で使用されているテーマのシェアを調べると無料テーマでは「Cocoon」一強。有料テーマでは本サイトでも使用している「AFFINGER」が優勢でした。

WordPressテーマ人気調査!トップはAFFINGER、Coccon、STORK

続きを見る

 

5.WordPressの設定(プラグイン導入)

アンテナサイトを作るにあたり欠かせないプラグインが「FeedWordPress」。

こいつがやりたいことの9割5分を勝手にやってくれます(設定さえすれば)。

RSSフィードを読み込みタイトルリンク一覧を記事にすることでアンテナサイトを構成するのですが、利用者側はRSSのURLを設定画面に張り付けさえすれば一定時間置きにRSSを取得して記事として登録してくれるという賢すぎる奴。

ひとしきり設定すると、サイトの基礎が概ね完成します。

 

6.デザインや表示内容の微調整

後は地道にトライアルアンドエラーで設定画面を上から順に開いていって、何の設定画面かWebで調べつつカスタマズしていきます。CSSやphpを直接編集することもできるので、言語を少しかじった事があれば何とか気合いで微調整くらいは可能です。

 

7.公開

できたー。休日つぶしたけど。

途中壊してもいいかなってノリで触ってたので、どこをどういじったのか思い出せない部分も多々ありますが、それっぽい見た目の何かができました。

→サーバー移行に伴い、現在は公開していません。

※尚、練習用のサイトなので今のところ機能拡張の予定などはありません。

 

アンテナサイトは稼げない可能性が高い

ちなみにアンテナサイトでの稼げるかというと、かなり難しいというのが個人の見解です。

「仮に上手くアクセスを稼げたとしても」です。

 

というのも、収益性の高いGoogleアドセンスやAmazonアソシエイトといった広告はサイトに配置することすら叶わないからです。

上記スポンサーの広告を配置するためには、サイトが審査を通らなくてはなりません。

審査の通過には、"オリジナル性"のあるコンテンツが求められます。

その点、単純なアンテナサイトというのは他のサイトのRSS情報を集約しただけの「オリジナル性が皆無」なサイトとみなされる可能性が高く、審査を通過すること自体が難しいといえます。

 

審査不要のASPを利用する手もありますが、クリック単価が低く数十円とか良くて月に数百円とかいう世界だと思います。

という訳で、収益化を目的とするのであれば、まず配置できそうな広告の単価と目標アクセスを掛け算して見込みを算出してみる事をおすすめします。

 

まとめ

テーマをそのまま生かして作成すると大分楽にコンテンツが作成できることが分かった。しかし、自分のイメージに合わせて機能やデザインをカスタムしていくと結構ハマりそうな雰囲気は感じる。

次はアンテナサイトではなくオリジナルのコンテンツの作成してみたい。熱が冷めないうちに

ご参考までに。

おしまいっ

WordPress

2020/6/30

【コスパ最高サーバはどっち?】ロリポップとさくらを徹底比較!

『ロリポップとさくらのレンタルサーバー、どちらがおすすめか?』 ブログを運用するにあたって、高速サーバーも魅力的だけどコストがかかるのがちょっと。。というコスパ重視の人におすすめなのがロリポップとさくらのレンタルサーバー。 低価格帯のプランはとりあえず、小さく始めたいという人には丁度良いコスパの高さが人気です。 今回は500円前後の価格帯で始められる、ロリポップのスタンダードプランとさくらのレンタルサーバーのスタンダードプランを比較していきます。 値段、速度、使いやすさで比較していくよ/st-kaiwa5 ...

ReadMore

WordPress

2020/6/26

オススメはどっち?ConoHa WINGとエックス サーバーを徹底比較

『ConoHa WINGとエックスサーバー、どちらがおすすめか?』 正直、性能については大きな差はないので一般的なブログを運営する上ではどっちを選んでも正解です。両者の比較であればどちらも高速サーバーとして期待するパフォーマンスを十分発揮してくれると思います。 あとで紹介するけど、実際にサーバー速度を比較してみるとほぼ同じだったよ   とはいっても、なかなか選びきれないのが人の性。 本記事ではそんな人に向けてConoHa WING と エックスサーバーをブロガー目線での重要ポイントを比較していき ...

ReadMore

ブログ運営

2020/6/23

【ブログ運営】Googleアップデート被弾からのアクセス激減

今月も月が変わりましたので運営報告をしていきます。サイトの継続期間は10か月目となります。 2020年5月の運営報告。月末ぎりぎりになっての更新となったのはGoogleアップデートを受けてアクセス・収益が低迷しているため多少萎えていたのかもしれません。 個人的メモの記事なので、今月も手短にすませていきます。 それでは2020年5月のトピックスはこちら! トピックス Googleアップデート被弾 アクセス激減 収益も激減の兆し 記事のテコ入れ、リスク分散を検討中 Contents1 2020年5月の記事数と ...

ReadMore

WordPress

2020/8/18

さくらのレンタルサーバーならスタンダード1択!プレミアムが遅かった理由

本ブログではレンタルサーバー選びに役立つ情報を発信していきます! 今回は検証していくのは、老舗のレンタルサーバー屋さんとして知名度の高い「さくらのレンタルサーバー」。一般向けのプランの内、WordPressが利用できるのは次の2つです。 スタンダードプラン プレミアムプラン ワンコインから始められるスタンダードプランは業界最安レベルです。ハイコスパなのでWordPress入門で利用される方も多いと思います。 上位プランであるプレミアムプランとは? スタンダードプランとは何が違うのでしょうか? 本記事を読む ...

ReadMore

WordPress

2020/6/13

【秒速データ投入】ワードプレスのテストサイトを作ってみよう

テーマユニットテストを使うと、WordPressに様々なパターンを想定したテスト投稿データが簡単に取り込めます。 例えばこういったシーンで非常に便利です。 WordPressテーマの変更前に、色々なデータパターンで表示確認してみたい テストサーバーの動作確認や性能調査用に、ワードプレスサイトを立ち上げたい   Contents 1 テストサイトのデータをダウンロードする 2 ワードプレスのテストサイトにデータをインポートする 3 テストサイトの表示を確認する 4 WordPressのインポートで ...

ReadMore

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

やるログの人

南国在住。30代のSES系エンジニア。 便利なWebサービスやガジェット関連の情報収集を日課としてます。 収集したライフハック術を武器にアウトプット活動と子育てに奔走中! 本ブログで月間20000PV達成しました!

-WordPress

Copyright© やるログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.