「Distill Web Monitor」でサイトの更新を自動通知しよう

「Distill Web Monitor」でサイトの更新を自動通知しよう

今回は、Webサイトの更新チェックツール「Distill Web Monitor」の使い方をご紹介します。

初めに「Distill Web Monitor」とは、 Webサイトの更新を監視・通知してくれる便利ツールで、ブラウザのアドオン(拡張機能)として提供されています。

機能をもう少し詳しく説明すると、Webサイトを定期的に自動巡回し、サイト内のウォッチしている部分に更新があると、ポップアップやメール等で通知してくれるツールとなっており、 使い方次第では様々な用途で利用できるかと思います。

例えばどういったケースで利用できるかというと、
人気のゲームやスマートフォン端末など、ECサイトで購入したい商品の供給が薄く、入庫しても気づいたら既に完売。といった感じで、なかなか購入できない場合。

こういったシーンでは、 Distill Web Monitorを使用する事で、商品販売ページに張り付いてなくも、「入荷状況や販売状況の変化をいち早く知る」事ができます。

それでは、さっそく使い方をみていきましょう。

インストール

ブラウザはGoogle Chrome、FireFoxに対応しているので、いずれかのブラウザでDistill Web Monitorにアクセスし、ツールを導入します。

※本手順ではGoogleChromeを使用

インストールは「Chromeに追加」をクリックしましょう。

インストールが完了すると、ブラウザのツールバー(右上)にDistill Web Monitorのアイコンが表示されます。

なお、アンインストールは「アイコンを右クリック→Chromeから削除」の操作となります。

使い方

大きな流れとしては、下記の5ステップです。

1. チェックするページを開く
2.「Distill Web Monitor」を起動する
3. チェックするパーツを選択する
4. 更新をチェックする頻度(時間)を設定する
5. 通知の方法を設定する

各手順にそって、使い方を説明していきます。

1. チェックするページを開く

更新をチェックしたいページをブラウザで開きます。

今回は例として、トレンドのiPhone 11を入荷・在庫状況をチェックする想定で、設定していきたいと思います。

参照サイト: docomoオンラインショップ

2.「Distill Web Monitor」を起動する

ブラウザのツールバー(右上)のアイコンをクリックし、ツールを起動します。

ツールのウィンドウが起動します。

3. チェックするパーツを選択する

「Monitorを追加」から「ページのパーツを選択」をクリックします。

※「ページ全体を監視」とすることで、ページ全体を監視対象とすることもできますが、入荷・在庫情報と無関係な更新も検知してしまう可能性があるため、今回は特定パーツを指定する方法を試していきます。
この辺は、対象サイトの構成や用途によって、使い分けるとよいと思います。

「ページのパーツを選択」をクリックすると、画面下部に操作画面が表示され、ページ内のパーツを選択できるモードに自動で切り替わります。

カーソルを操作し、監視したい部分を選択します。

サイトの内部構造によっては正しく変更を検知できない事もありますため、場合によってはコツや試行錯誤が必要です。

今回は、入荷・在庫状況が変動した場合に変化するであろう、”【入荷予定】未定”のパーツを指定(クリック)してみます。

パーツを指定すると、操作画面の右側に選択したパーツのテキストが表示されます。

この内容が変化したタイミングで、ツールから通知が行われます。

表示内容を確認の上、「選択箇所 を保存 」をクリックしてパーツの指定を完了します。

4. 更新をチェックする頻度(時間)を設定する

ツールが対象ページをチェックする頻度(時間間隔)を設定します。

デフォルトは3時間となっており、これは「3時間おきにサイトの更新をチェックする」動作となりますため、更新~通知までに最大3時間のラグが想定されます。

必要に応じて設定を行いましょう。

通知の方法を設定する

次に、変更を検知した場合の通知方法を設定します。

「オーディオクリップを再生」、「通知ポップアップを表示」は”ローカル監視用”とあるように、ツールをインストールした端末に対する音とポップアップ表示の設定となります。

不要な通知設定は「ゴミ箱」のアイコンで削除可能です。

  • オーディオクリックを再生 → 音声で通知する設定
  • 通知ポップアップを表示 → ポップアップで通知する設定

「Eメールを受信」は、ツールをインストールした端末からメールで通知を受け取る設定となるため、遠隔での通知受信が可能となります。

メールアドレスはサインインする事で設定可能となります。

その他オプションについて

デフォルト設定では、Distill Web Monitorをインストールしたデバイス上で、ツールが動作しますが、クラウドで実行させることも可能です。

ただし、クラウド実行の場合は、スケジュール(interval)の間隔を”6時間”以上しか設定できないなど、無料アカウントでの設定制限があるようです。

Distillのサーバーを利用したクラウド実行は、設定項目「デバイス」から「Cloud – Distill’s Servers」を選択します。

通知方法に関して、前述の手段以外に「SMS」での通知や、携帯端末にプッシュ通知を受信する方法もあるようです。

筆者の方では、動作検証まではおこなえていませんが、「アクションを追加」から各種の通知方法が選択可能です。

設定の確認と編集

前述の手順により設定した内容は、トップメニューの「Go to Watchlist」から参照/編集が可能です。

各設定のON/OFF切り替えも、一覧画面から行えますので、設定後の操作はこちらから行いましょう。

一覧画面

まとめ

割と手軽に扱える「Distill Web Monitor」は、ECサイトやRSSを提供していない、WEBサイトの更新チェックには重宝できるツールかと思います。

是非おためしあれ。

インターネットカテゴリの最新記事