ライフハック

シンプルかつミニマルな財布「ストラッチョ」を手に入れた

キャッシュレス時代の到来。

現金を持ち歩く必要性が急速に薄れてきています。

スマートフォンでの決済方法も乱立状態で、日常生活では財布を取り出すシーンすらほとんどなくなってきています。

無駄にかさ張る長財布を、悠長に持ち歩いている場合ではありません。

ライフスタイルにあわせて、財布もミニマルに。

こうして、「薄くて小さい」スタイリッシュな財布を求めて、探しさまよった結果、手に入れた最適解がこちら。

m+(エムピウ)の「straccio(ストラッチョ)」という薄くて小さい財布で、日本の革工房が製造しています。

ストラッチョの優位性

コンパクトで薄い財布の市場を調べてみると、他の人気商品としてabrAsus(アブラサス)や、BellroyのNote sleeveが代表格としてあげられます。

こういった商品も、実用性と薄さを兼ね備えており、要求を十分満たしてくれる期待感がありました。

これらと比較した場合のストラッチョの優位性は、

  • 価格が安い
  • 三つ折りタイプのため、よりコンパクトにまとまる
  • 革の素材感を生かしたシンプルなデザイン

スタンダードなモデルでいうと、上で挙げた製品の70%程度の値段で購入可能。手が出し安い価格設定が魅力です。

サイズにおいては、他の薄い財布は100mm四方の正方形に近い寸法となっており、手のひらにで握りしめるには少し大きいかなというサイズ感。

比較して、ストラッチョの方は三つ折りタイプで、その分厚くはなりますが、表面の大きさは、カードが丁度収まるようなジャストサイズ。(102mm(W)×65mm(D))

その手のひらで包み込めるほど良いサイズ感と、 プエブロレザーのサラッとした手触りが生み出す、馴染みの良さがあります。

3つ目は、革の素材感を存分に生かしたデザイン。

メーカーでは以下の様に紹介されています。

[straccio]は「端切れ・ぼろ切れ」転じて「存在感が希薄な」といった意味を持つ、肩肘を張らない財布です。

ぼろ切れではありませんが 、コンセプトの通り、上質な革素材を生かして、必要十分な機能だけをこしらえた簡素なつくりに、味わいを感じます。

カラーバリエーションが多いのも、シンプルながら自分好みを追求できるポイントです。

それでは、もう少し掘り下げてレビューをしていきます。

サイズ感

小さいです。手のひらサイズ。

身近なもので比較してみると、

『スマートフォン > 名刺入れ > ストラッチョ > ワイヤレスマウス』となりました。

厚さは、1.5cm~2.0cm程(カード5枚、小銭、紙幣6枚 格納時)。

革が馴染んで形状が安定してくると、もう少し薄くなりそうな気がします。

素材感

今回購入したのは、「PU.grigio」というカラーバリエーションで、このカラーでは「プエブロレザー」が採用されています。

購入直後の状態では、サラリとした手触りで、適度な柔らかさが感じられる革素材です。

(※カラーによって、素材が異なるので購入時は要チェックです)

魅力的なカラーが多く、かなり迷いましたが、グレーと緑を織り交ぜた深みのある色彩がかなり気に入っています。

収納

肝心の機能面も必要十分。

長財布から主要なカードを5枚、小銭、紙幣6枚を入れ替えましたが、十分収まりました。

カードは6枚目を入れると少し窮屈だったので、4~5枚が丁度良い枚数だと思います。革の馴染みにあわせて調整していこうと思います。

財布の内側もフラットなつくり。

カードの収納スペース。

購入直後の状態は4、5枚程が窮屈なく入る感覚。

小銭の収納スペース。

100円玉が15枚入る設計とのこと。

意識的に小銭を発生させない生活を送っているため、個人的には十分な収容力。鍵なんか入れてもおさまりがよさそう。

紙幣のスペース。

財布自体は三つ折りながら、折らずに収納できるのが手軽。

三つ折りの跡が紙幣についてしまうのは、唯一の妥協ポイント。

ちなみに開いた状態での表面はこのような形。

ナチュラルな素材感が際立ちます。

試しに全部入れてみる。
紙幣6枚。小銭10枚程。カード5枚。無理なく収容できました。

この程度の内容量であれば、折りたたんでも厚さが気にならず、取り回しも良い。

まとめ

現金を使わないミニマルライフを加速してくれるであろう「ストラッチョ」。

最低限必要のカード類と現金を収納するのには十分。

良質な革素材を使用しているため、使用しているうちに革の色合いや手触りの変化していくという、エイジングも楽しめるらしい。

日々にぎにぎして自分だけの財布を育てていくのも、また一興。

ライフハック

2020/5/27

【簡単5ステップ】アイコンの作成を「ココナラ」で依頼してみた

初体験!! ブログとSNS用のアイコン作成をクリエーターさんに依頼してみました。 利用したサービスはスキルマーケットの「ココナラ」です。 個人間のやり取りがめんどくさそうなイメージを持っていましたが、実際に利用してみるとめっちゃ簡単にオリジナルアイコンを作ってもらえました!   本記事では「アイコンの作成依頼から完成までの流れ」について、実例を交えて詳しく紹介していきます。   ココナラではこんな方にもおすすめですので、ぜひ参考に読んでいただければと思います。 こんな人におすすめ オリ ...

ReadMore

ライフハック

2020/5/27

【意外と買えた】マスクのネット通販サイトに挑戦してみた【アイリスオーヤマ】

なかなか需要に追いつかないマスクの生産。。 大手メーカーなどによる生産体制の強化や布マスクの普及によりにより、生産数自体は増えてきているものの店頭で見かけることは無い状況です。 物流を考えると当面はマスク不足の解消は難しいであろうという見方もあるようです。   明日の外出用のマスクにも困る状況。 「実店舗がだめなら、ネット通販だ!」 ということで、先日アイリスオーヤマのネットショップでのマスク購入にチャレンジしました。   結果、、意外と買えました。   Contents 1 ...

ReadMore

ライフハック

2020/5/31

【時間がないのは皆同じ】社会人が勉強時間をつくる3つの方法

「スキルアップのため勉強したいけど、全く時間が確保できない」 「仕事が忙しすぎて趣味の時間がない」 「育児がスタートすると自分の時間は皆無」 社会人の方は日々の仕事・家事・育児に追われて「自分の時間がない」と思うことが多々あるかと思います。 とりわけ趣味が多く活動的な性格だったり、向上意識の高い人ほど『時間の貴重さ』を感じる場面が多いのではないでしょうか。   「時間こそ誰もが平等に手にできる唯一の資産」 ( ホリエモンの著書「時間革命」より抜粋 )   不平等な世の中で唯一平等に配ら ...

ReadMore

ライフハック

2020/3/31

【2回目もOK】アマゾンプライムの無料体験を賢く使う

便利でお得なアマゾンプライム会員。ここ数年はデフォルトで年間会員でやってきたのですが、最近は利用頻度も落ち気味。 直近の利用状況としては、 2~3か月に1度のAmazonでの買い物。 地方在住のため、お急ぎ便などの配送オプションはそもそも対象外。 Amazonプライムビデオの使用も存在を思い出してたまに見る程度。 享受している恩恵のほとんどは「送料無料」のみなので、Amazonプライム非会員となった方が実はお得だったり? こんな利用状況だと必要だとAmazonプライム会員になるメリットは薄いかもね。 「ア ...

ReadMore

ライフハック

2020/6/24

【すぐ探せる】無料アイコンメーカー60選【早見表付き】

SNSやネット上で活動していく上でプロフィールのアイコンやアバターってとても重要ですよね。 長く使うのでこだわりたいものですが、いざ作成しようとするとアプリもサービスも種類が多すぎて好みを探すのに一苦労しがちです。 今回はそんな問題を解決すべく、Webブラウザやアプリでアイコンが作成できる60サービスを総まとめしてみました。 記事序盤にアプリ・サービスの画像と特長を一覧化していますので、ここから探すと目的のアプリやサービスを絞りやすいかと思います。 基本は完全フリーまたは無料から使用できるサービスを集めて ...

ReadMore

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

やるログの人

南国在住。30代のSES系エンジニア。 便利なWebサービスやガジェット関連の情報収集を日課としてます。 収集したライフハック術を武器にアウトプット活動と子育てに奔走中! 本ブログで月間20000PV達成しました!

-ライフハック
-

Copyright© やるログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.