\【12万冊】聴き放題はじまる/

テック

【Windows開発環境】WSL上にLaravelをインストールして動かすまで

2019年11月27日

個人開発用にWindowsのWSLを使用して、PHP(laravel)の開発環境を構築してみます。

PHP、laravel、WSLと色々初めての事ばかりなので、個人の備忘録を兼ねた記事とします。

本記事では、以下の大枠でWindows端末でのLaravel開発環境構築を行っていきます。

  • WSL(Ubuntu)のインストール
  • WSLにPHPのインストール
  • laravelプロジェクトの新規作成
  • サーバーの起動と動作確認

環境/インストールバージョン

実行環境

  • Windows 10 (64bit)

インストールバージョン

  • Ubuntu 18.04 LTS
  • PHP 7.2

WSL(Ubuntu)のインストール

Window端末で「Microsoft Store」を起動し、ストアにて" Ubuntu "を検索します。

今回は「Ubuntu 18.04 LTS」のバージョンをインストールしていきます。

※LTS: 長期サポート版

また、WSLはWindowsの設定で機能を有効かしなければ動作しないため、
Windowsの機能の有効かまたは無効化」の設定にて、「Windows Subsystem for Linux」のチェックをONにします。

入手後、再起動を求められますので端末を再起動して、WSLの導入は完了です。

続いて、Ubuntuを起動しPHPをインストールします。

WSLにPHP 7.2 をインストールする

先の手順でインストールしたUbuntuのアプリアイコンをクリックすると、ターミナルが表示されサブシステムを起動します。

初回起動時はユーザー名、パスワードを設定する必要があります。

Installing, this may take a few minutes...
Please create a default UNIX user account. The username does not need to match your Windows username.
For more information visit: https://aka.ms/wslusers
Enter new UNIX username: 任意のユーザー名
Enter new UNIX password: 任意のパスワード
Retype new UNIX password: 任意のパスワード(確認用)
passwd: password updated successfully
Installation successful!
To run a command as administrator (user "root"), use "sudo <command>".
See "man sudo_root" for details.
 ・・・

パッケージの最新情報取得

apt-getコマンドで、パッケージの最新情報を取得します。

$ sudo apt-get update

更新完了後、導入済みのパッケージをアップグレードしておきます。

$ sudo apt-get upgrade

PHPをインストール

PHP 7.2をインストールします。

$ sudo apt-get install -y php7.2 php7.2-zip php7.2-mbstring php7.2-dom php7.2-mysql

Composerをインストール

PHP関連のパッケージを管理するソフトが「Composer」だそうです。

$ curl -sS https://getcomposer.org/installer | php
  ・・・
$ sudo mv composer.phar /usr/local/bin/composer
  ・・・
$ sudo chmod +x /usr/local/bin/composer
  ・・・

サブシステムとの共有フォルダを作成

Windosシステムとサブシステム(Ubuntu)で、プロジェクトリソース等を共有するためのフォルダを作ります。

今回手順では、「C:\laravel」のフォルダをWindos側で新規作成し、サブシステム側には、同フォルダへのシンボリックリンクを作成します。

ln -s /mnt/c/laravel

と、ここまででPHPの導入が完了。

いよいよlaravelプロジェクトの作成を行います。

laravelプロジェクトの新規作成

前手順で作成した共有フォルダへ移動し、laravelプロジェクトを作成します。

laravelのインストールとプロジェクト作成が、コマンド一つでできるという。

モダンなフレームワークの力は偉大です。

$ composer create-project laravel/laravel TEST_PROJECT --prefer-dist
Installing laravel/laravel (v6.5.2)
As there is no 'unzip' command installed zip files are being unpacked using the PHP zip extension.
This may cause invalid reports of corrupted archives. Besides, any UNIX permissions (e.g. executable) defined in the archives will be lost.
Installing 'unzip' may remediate them.
  - Installing laravel/laravel (v6.5.2): Downloading (100%)
  
  ・・・(略)

と、思ったらここでエラーが発生

「chmod(): Operation not permitted」というエラー内容です。

Writing lock file
Generating optimized autoload files
> Illuminate\Foundation\ComposerScripts::postAutoloadDump
> @php artisan package:discover --ansi

In Filesystem.php line 153:

  chmod(): Operation not permitted


Script @php artisan package:discover --ansi handling the post-autoload-dump event returned with error code 1

Filesystem.phpでの権限付与の処理が、パーミッションエラーとなっているっぽいという事で、sudoで再実行してみます。

$ sudo composer create-project laravel/laravel TEST_PROJECT --prefer-dist
・・・(略)
Writing lock file
Generating optimized autoload files
> Illuminate\Foundation\ComposerScripts::postAutoloadDump
> @php artisan package:discover --ansi
Discovered Package: facade/ignition
Discovered Package: fideloper/proxy
Discovered Package: laravel/tinker
Discovered Package: nesbot/carbon
Discovered Package: nunomaduro/collision
Package manifest generated successfully.
> @php artisan key:generate --ansi
Application key set successfully.

どうやら上手くいった模様。

これで、共有フォルダ配下にlaravelプロジェクト「TEST_PROJECT」が作成されました。

最後にサーバーの起動を確認してみます。

サーバーの起動と動作確認

作成したプロジェクトに移動し、サーバー起動のコマンドを実行してみます。

$ cd  TEST_PROJECT
$ php artisan serve
Laravel development server started: http://127.0.0.1:8000
[Wed Nov 27 15:47:29 2019] 127.0.0.1:55728 [200]: /favicon.ico
^[[Wed Nov 27 15:50:54 2019] 127.0.0.1:55889 [200]: /favicon.ico
[Wed Nov 27 15:52:10 2019] 127.0.0.1:56025 [200]: /favicon.ico

ローカルサーバーが起動しました。

http://127.0.0.1:8000」でブラウザアクセスしてみましょう。

無事成功。初期画面が表示されました。

なお、サーバーの停止はターミナル画面で「 Ctrl + c 」します。

まとめ

まずは、laravelプロジェクトが作成できるところまでの準備が整いました。

ネットの情報に従って、インストールしただけではありますが、手元でモノが動くのは嬉しいものです。

Railsチュートリアルを一瞬かじった際も思ったことですが、モダンなフレームワークを使うと、プロジェクト立ち上がりまでのがメチャ早くて感動。

\【12万冊】聴き放題はじまる/

クロスバイク ライフハック

2020/12/17

【ダスキンは不可】自転車がレンタルできるサービスまとめ

通勤や買い物、子供のの送り迎えで大活躍の自転車。とても手軽で便利ですし、混雑を回避するためにも購入を考えている方も多いのではないでしょうか? しかし、購入するにあたっては保管場所を確保が必要だったり、実際に乗りこなせるか不安があったり買うのを躊躇してしまう側面もあります。また、短期間のみの利用を考えている場合であればコストの問題や処分の手間を考慮しなければなりません。 そんな方におすすめなのが「自転車のレンタルサービス」。 レンタルサービスを利用すると次の様なメリットがあります。 短期での利用であればレン ...

ReadMore

テック

2020/6/11

【サーバー性能測定】Apache JMeterのインストール方法と使い方を解説

サーバーのちょっとした性能試験をしたいことありますよね!? GoogleのPageSpeed InsightsWebなどのウェブサービスを使って実施するのもいいですけど、Apache JMeter もなかなか便利。 負荷試験なんかで使用されるツールなんですけど、リクエストの数や時間をコントロールして負荷を高めたり、実行結果の詳細/サマリといったログも収集できます。 もちろん単発のリクエストの測定もOK。 設定値を調整すると長いタイムスパン(数時間~24時間とか)の中で、一定間隔での測定も自動化できるわけで ...

ReadMore

ライフハック

2020/11/25

【ココナラ体験記】アイコン制作依頼の流れは「かんたん5ステップ」

初体験!! ブログとSNS用のアイコン作成をクリエーターさんに依頼してみました。 利用したサービスはスキルマーケットの「ココナラ」です。 個人間のやり取りがめんどくさそうなイメージを持っていましたが、実際に利用してみるとめっちゃ簡単にオリジナルアイコンを作ってもらえました!   本記事では「アイコンの作成依頼から完成までの流れ」について、実例を交えて詳しく紹介していきます。   ココナラではこんな方にもおすすめですので、ぜひ参考に読んでいただければと思います。 こんな人におすすめ オリ ...

ReadMore

ライフハック

2020/3/31

【2回目もOK】アマゾンプライムの無料体験を賢く使う

便利でお得なアマゾンプライム会員。ここ数年はデフォルトで年間会員でやってきたのですが、最近は利用頻度も落ち気味。 直近の利用状況としては、 2~3か月に1度のAmazonでの買い物。 地方在住のため、お急ぎ便などの配送オプションはそもそも対象外。 Amazonプライムビデオの使用も存在を思い出してたまに見る程度。 享受している恩恵のほとんどは「送料無料」のみなので、Amazonプライム非会員となった方が実はお得だったり? こんな利用状況だと必要だとAmazonプライム会員になるメリットは薄いかもね。 「ア ...

ReadMore

ライフハック

2022/4/12

【すぐ探せる】無料アイコンメーカー100選【早見表付き】

SNSやネット上で活動していく上でプロフィールのアイコンやアバターってとても重要ですよね。 長く使うのでこだわりたいものですが、いざ作成しようとするとアプリもサービスも種類が多すぎて好みを探すのに一苦労しがちです。 今回はそんな問題を解決すべく、スマホやPCでアイコンが作成できるサービスを総まとめしてみました。 【絶賛更新中】100選まで継続決定! アイコンイメージ一覧からまとめて好みのデザインをチェックできるので、すぐに好みのアイコンが見つけられます。 それではLINEやTwitter、Facebook ...

ReadMore

-テック
-,

Copyright© やるログ , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.