クロスバイク

クロスバイクを乗り出すにあたって、最低限そろえた装備など

2016年2月10日

今回は、クロスバイク初心者の私がクロスバイクを乗り出す際に「最低限」買い揃えたものをご紹介します。

これからクロスバイクを購入される方の参考になれば幸いです。

まず、初回の付属品購入のテーマを掲げます。

 ①コスパ重視

基本的に何ら前知識が無い状態でしたので、物の良し悪しも分からぬまま不要なものや、身の丈に合わない、車体の価値と釣りあわないものを買ってしまうのは避けたいというところで、安くて必要十分な機能が備わったものをターゲットとします。

ついでに、具体的な予算までいうと「5000円以内」で収めることとします。

 ②amazonで買える

購入先の選定に関しての事項ですが、実店舗に行った場合において、店員さんに言いくるめられるがまま、思いもよらぬ買い物をしてしまう可能性が高いのと、コスパ重視を掲げて物色する際、単純に選択肢が多い方が当然有利でしょう。

その点で圧倒的な商品数を誇る「amazon」で購入することとしました。

以上を念頭において、「最低限必要」と判断して買ったものがこれら↓↓

その1:空気入れ

フロアポンプ、もとい「空気入れ」。

クロスバイクを維持する上で当然必須でしょう。

「空気入れ」は事前に準備した必須リストの中でも、最もコストがかかりそうな代物だったので、一番最初にお買い物かごに放りました。

必要機能である「エアゲージ付き」のものでは最も安い価格帯です。

一応補足しておきますが、amazonでの安物買いの鉄則ルール「レビューの熟読」は怠ることなかれ。

レビューを一通り読み、幸い大きな問題はなさそうでしたので決定に至りました。

今のところ価格にしては十分なパフォーマンスを発揮してくれています。

その2:U字ロック


最も重要アイテム「U字ロック」。

実のところクロスバイク本体購入時にあわせてチェーンロックを購入したのですが、防犯上1つの鍵では十分ではないという実状があります。

鍵1つでは心もとない日々が続きますので、本命ロックを購入。

鍵に関しては、安かろう悪かろうではリスクが高いため、特に念入りに情報収集を行いました。

その結果「PALMY」とやらが「安い」「強い」「軽い」となかなかの定評。

尚、「PALMY」での地球ロックと、別鍵での合わせ技が定番らしいです。

私個人の使用感としては、通勤で常々持ち運ぶものなので「軽さ」がありがたい。

最近では手っ取り早くロックできる様、ズボンのベルトに鍵を通して持ち運んでいます。

デメリットも一応あげておくと、サイズがコンパクトゆえに場所によっては、リーチが足りずに地球ロックできないこともあります。

その3:フロントライト


快適な夜間の走行と安全のため「フロントライト」も欠かせません。

今の季節、帰宅時は日が暮れてしまっているためライトがないと走行は厳しいです。

「フロントライト」については、色々選択肢があったのですが必要な機能要件は

  • 防水
  • 充電可能 ないしは ソーラーパネル

今のところ、天気予報を確認して雨の日は乗らないと決めていますが、急な天候の変化には対応しきれません。したがって防水は必要でしょう。

プラスアルファであったらうれしい充電式かソーラーパネル。こちらは個人のお好みで。

幸いこちらの商品が低価格帯でUSB充電可能な代物でしたので、迷わずポチリました。

使用感としては、値段を考えると満足といって良いですが、もう少し明るい方が良かったかも。街頭のある道路では概ね問題ないか。といった感じ。

その4:リアライト

今回の「最低限買ってみた」シリーズのラストとなります。

こちらも夜間走行には、身の安全上必須といって差し支えないでしょう。

車道を走る上では、後続の車に自らの存在をアピールしなければなりません。

こちらの商品の決め手「物凄く安かった」。もし失敗してもすんなり諦めがつく価格。

その上「ソーラーパネル搭載」。悪いとこなし。

防水ではないのですが、割と簡単に防水加工できる様でしたのでレビューを見て挑戦してみました。何度か雨にさらされましたが、稼動しているので成功した模様。

コスパという点ではこいつが一番満足感があります。

たらたらと、書き綴って参りましたが以上が「最低限揃えた装備」です。

予算「5000円」はわりと余裕でクリアできました。

まだ、色々と揃えたい小物やパーツ、タイヤチューブのストックなどあることにはあるのですが、現状この装備で走れているので、しばらく様子を見つつ買い足したりグレードアップしたりしていこうかなと考えている次第です。

以上、ご参考までに。

クロスバイク

2020/2/26

クロモリフレームのクロスバイクをメーカー別にまとめてみた

しなやかで快適な乗り心地と、細身で洗練されたルックスが魅力のクロモリフレーム。 カジュアルな街乗りにもロングライドにも、幅広い用途に力を発揮し、耐久面での強さも併せ持つ万能型のフレーム素材です。 長年愛用されつづけるには、それなりの理由があります。   市場に流通しているクロモリバイクの種類は主流のアルミフレームと比べると多くはありませんが、今回は各メーカーが力を注ぐ「クロモリフレームのクロスバイク」をまとめてご紹介していきたいと思います。 Contents1 クロモリフレームのクロスバイク2 ...

ReadMore

クロスバイク

2020/2/6

【クロスバイク】32Cから28Cに交換して体感した「違い」

ネットで購入したクロスバイク「NESTO (ネスト)vacanze 1-k」のタイヤを32Cから28Cに交換しました。 今回は交換前後に体感した32Cと28Cの違いをまとめていきたいと思います。 Contents1 交換した理由2 交換前後(32C→28C)のタイヤの特徴3 32Cから28Cに交換して実感した「違い」4 まとめ 交換した理由 vacanze 1-kでは購入時の初期装備で「MAXXIS DETONATOR ケブラービードタイヤ 」という、『32C』のなかなか良いタイヤが装着されています。 に ...

ReadMore

クロスバイク

2020/2/12

【送料無料】自転車のネット通販ならヨドバシが最強かもしれない

先日、「NEST VACANZE 1-K」というクロスバイクをネット通販で購入してみました。 購入先は天下のヨドバシ・ドット・コム。   沖縄、北海道をはじめ遠隔地からの大型商品購入時のネックは送料です。 特に自転車ともなれば抜群に輸送コストが大きいため、相応の送料が重くのしかかります。 そのような方に最強の選択肢となりうるのが「ヨドバシ」。   ネット通販のメリット、デメリットとあわせて、 最終的にヨドバシで購入した経緯を本記事ではご紹介していきます。   ネットでの購入を ...

ReadMore

クロスバイク

2020/3/24

通勤用クロスバイクの定期メンテナンスの実態

今回は久々にクロスバイクの記事。 クロスバイクの購入を検討していたり、乗り出したばかりの人が特に気になるのが「メンテナンスの頻度や内容」についてですね。 「空気はどれくらいの週1くらい入れないといけないの?」 とか 「チェーンの洗浄は月1?」 とか 「ブレーキシューの交換目安は?」とかとか。 このあたりの定常的なメンテナンスの状況について、「週5、往復7km/日」通勤メインでクロスバイクを使用している私(属性:ずぼら)の対応状況を簡単にまとめてみました。 はじめは色々考えてしまい勝ちで、慣れるまでは手探り ...

ReadMore

クロスバイク

2020/2/11

自転車通勤に最適!メッセンジャーバッグ(メンズ)のすすめ

自転車乗りとバイク乗りの方はメッセンジャーバッグを一度お試しいただくことを是非お勧めします。 通勤、通学などの普段使いからちょっとしたツーリングまでこなせる十分な収納力と機能性を備えたものを一つ持っていると、ヘビーユーズできてかなり快適になるはずです。 今回は、定番ながらカッコいいデザインと抜群の機能性を兼ね備えたメッセンジャーバッグを選抜してみました。どれもメッセンジャーバッグ界を先導する歴史と実績のある信頼度の高いメーカーですので、入門編として一度ご覧いただき参考にしていただければと思います。 Con ...

ReadMore

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

やるログの人

南国出身/在住のミドル世代。 Web技術やガジェット関連の情報を日々収集しつつ、アウトプットと子育てとライフハックに奔走中。 月間13000PV達成しました!!

-クロスバイク
-

Copyright© やるログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.