TIMBUK2というメッセンジャーバックを買ったら快適すぎた

ついに購入しました。「TIMBUK2(ティンバック2)」のメッセンジャーバック。

カラーはカーボンフルサイクルツイル(聞いたことない)。

落ち着いた色合いなので通勤用にも十分利用できそうです。汎用性の高そうなブラックとコレで最後までまよっていましたが好みの方を選んで正解だったと思います。

到着して間もないのでまだ数回しか使用していませんが、初見の感想を含めてざっくりではありますがレビューしてみます。

Sponsored Link

見た目について

今回はamazonで購入しましたのですが、ほぼ期待した通りの形状と色合いでした。

カラーもややツヤっぽく深みのあるグレーといったところでいい感じです。

TIMBUK2の魅力の一つであるシンプルなデザインにワンポイントが効いていてオシャレです!

サイズについて

サイズも迷いどころの一つですが、収容性とコンパクトさのバランスが丁度よいSサイズを選択しました。

Sサイズといえど財布、メモ帳、筆記用具、自転車のロック、電子機器、小物に加えて着替え(夏場用)やレインコートを収納することが十分可能です。

通勤と普段使いをメインに考えるとSサイズで特に困ることはないかなという感想です。

機能について

収納が多く、かゆいところに手が届く機能性。根強い人気のメッセンジャーバックである所以だと思います。

収納が多い

内部の構造として、とにかく小物が収納できるスペースが多く確保されており自転車乗りでなくてもありがたいです。端末、ルーター、充電器等のモバイル機器をキッチリと整理可能となりました!

バッグの正面も同じくチャック付きの収納スペースが複数あります。

右側にナポレオンポケットがあるのでバッグを閉じた状態で小物を取り出すことができます。

このナポレオンポケット、そこそこ広いスペースとなっており、iPhone6Plusがちょうどスッポリ収まるんです。

防水性

防水性の高さも売りの一つ。カバンを閉じたときに隙間ができない様に工夫がなされています。雨天での使用は未体験ですが、下馬評通りのパフォーマンスに期待しています。

ショルダーベルトの調整しやすさ!

実際に背負ってみてこのメッセンジャーバッグの使いやすさを最も体感したポイントが「ショルダーベルトの調整のしやすさ」。

クロスバイク乗車時、前傾姿勢によりカバンがズレてくるのでベルトをキツメに絞める必要があるのですが、このTIMBUK2はショルダーベルトを締める・緩めるが非常に簡単に行えます。このありがたさたるや購入した甲斐があったというもんです。

まとめ

人気のメッセンジャーを購入したら、おすすめされる理由がわかりました。

先人達の言うことは真実でありました。

Sponsored Link
レクタングル大
レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする