コスパで選ぶ!クロスバイクの装備品まとめ

初心者がクロスバイクを乗り出すにあたっては、買いそろえておくべき装備品、メンテナンス用品などのアイテムが多数あります。最低限必要なものだけに絞ったとしても全て購入する際の費用というのは馬鹿にならないものです。

数十万円レベルの高級なロードバイクであれば相応の予算をかける価値があるかと思うのですが、5~10万円のクロスバイクに対しては、ある程度必要な機能を確保できればあとは「安ければ安い方が良い」というのが自論です。

今回は実際に私がクロスバイクを購入後に「コスパ重視」で買い集めて使用してみて良かったモノ、おすすめのモノを紹介していきたいと思います。

Sponsored Link

とりあえずならコレ買っとけ。クロスバイク関連アイテム

空気入れ(フロアポンプ)

日々のメンテナンスとして空気入れは必須です。クロスバイクのタイヤチューブの場合は一般な自転車とバルブの形式が異なるため、それ用のものを選ぶ必要があります。

また、空気圧を規定の範囲に保たなければならないため「エアゲージ付き」というのが外せない要件です。

パナレーサーの本製品は必要機能を備えた中でも価格の安さが一つ抜けているビギナーには有り難い商品です。

使用感

エアゲージのメーターも見やすく、扱いやすいので良い感じです。

私の場合2週間に1回程の頻度で1年以上利用していますが、破損や不具合は全く見られないため耐久性についても問題はありません。

あと部屋に放置しても気にならないシンプルなデザインが気に入ってます。

鍵(U字ロック)

盗難対策について、最近はそこまで注意深くやっていませんが購入当初はかなり気をつかっていました。はじめの内はクロスバイク購入時にあわせてショップで購入したチェーンロックのみを使用していましたが、心もとなく思ったためU字ロックを購入し2段構えの施錠としています。U字ロックはネットでコスパが良いものを選定した結果以下のチョイスとなりました。

言わずもがな定番の「PALMY」です。

取り回しの良いコンパクトさ軽量さに加えて安さが魅力の商品です。

使用感

やはり日々携帯するものですので、軽さとコンパクトさの恩恵は大きいです。

逆にこれ以上のサイズや重量になると、カバンに入れて携帯するのが億劫になるのが予想できます。

難点をいうなれば、サイズが小さいので場所によっては地球ロックするのが難しい場合もあるかもしれませんが、大抵は何とかなります(笑)。

防犯性能と利便性と価格のバランスを考えると人気商品であることも頷けます。

フロントライト

フロントライトも夜間の走行においては必需品となります。電池交換が面倒なので充電式のライトで良さげなものを探していて本商品に行き当たりました。防水なので雨の日の走行も大丈夫です。価格も1000円台とコスパも優秀。

使用感

価格帯を考えると概ね期待通りといったところで、特筆すべきところもありませんが、機能面や耐久性に特に不満はありません。

ただ、街灯の少ない場所など暗い場所での走行においては若干照度の低さを感じることがあります。

リアライト

こちらも夜間走行に必要なグッズの一つです。

ソーラーパネル付きなので充電が不要というのがすごく楽です。注目なのは圧倒的な価格の安さ500円前後の価格帯としては他に選択肢はないのではないでしょうか。

使用感

ボタン式で数パターンの点滅、点灯の切り替えが可能で十分目立つ光量です。充電の手間も省け機能としての不足もありません。1年利用したので値段分は十分元がとれたと思います。

メンテナンスグッズ

このセットさえあれば最低限のメンテナンスに必要なアイテムが揃います。

定期的なチェーンの洗浄と車体の洗浄に非常に重宝しています。タイトル通りとりあえず買っておいて間違いない商品です。

使用感

チェーン洗浄と車体洗浄に必要なものが揃っているので、後から何か買い足す事がなく便利です。またチェーン洗浄機を初めて利用したときは、

「洗浄機に洗浄液を注いでペダルをぐるぐる回すだけ」という、手軽さに感動しました。

初心者によるメンテナンスの手助けとなってくれること必至です。

まとめ

これだけ買えば乗り出しにあたって不足はないかと思います。

はじめの内は色々と選択肢や検討事項が多く、一つ一つの情報収集に結構時間を使うものです。最低限必要なものをとりあえず、手っ取り早く揃えたいという方はご参考までに。

Sponsored Link
レクタングル大
レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする