【レビュー】Google Pixel 3a ケース「ラギッド・アーマー」

【レビュー】Google Pixel 3a ケース「ラギッド・アーマー」

先週、ついにGooglePixel3aを購入しました。

到着したら早速レビューをしようと、到着予定日にあわせてコンディションを整えていたのですが、まさかの配送遅延

予定日を2日経過しても届かず。クロネコヤマトのサイトで追跡をしてみると、「発送」のステータスのままステータスが3日程停滞。

同時期に購入した、ガラスフィルムも同じく停滞中。丁度、休日にセットアップできると思って期待していたのに残念です。

こうして、記事のネタが無くなってしまったところで、辺りを見回してみると、スマホ本体の到着に間に合うように購入したスマホケースがありました。

ラギッド・アーマー 」というケースです。

ネット上では定番商品として多くあげられており、おすすめというか、「迷ったらとりあえずコレ」的な位置づけなのかなと。

価格的にもかなり安かったので、とりあえず購入していたものです。

完全に茶を濁す形となりますが、今回はこのGoogle Pixel 3a用のケースラギッド・アーマー F23CS25960 (マット・ブラック)」をまさかの本体無しで開封・レビューしていきたいと思います。

前述の通り、本レビュー記事ではGooglePixel3a本体は登場しません。
ケースのみ紹介となりますためご了承ください。(その分、ケース単体に強めに焦点をあてます。)
※本体込みのレビューは、クロネコヤマトが到着次第、執筆予定です。
Advertisement

開封

梱包は至ってシンプル。不要な装飾や大げさなサイズ感はなく、ケースのみが入っていることが伺い知れる外箱です。

それでは、開封します。

内容もシンプルで内容物はケースのみ。

ビニールの包装に包まれた本体がお目見えします。
包装から本体を取り出します。

本体裏面

第一印象としては、商品ページで購入前に見ていた画像と、ほぼ同じイメージでした。

よく見て触ってみると、マッドブラックの主張しすぎない感じがすぐに目に馴染み、サラサラと手触りの良い素材感は想像以上に良い。

販売価格とあわせて、どこかサイトのレビューでみた「とりあえず買ってハズレではない」という表現は正しい事をすぐに理解します。

裏面アップ

光に当たると、うっすら光沢のある手に馴染みの良い素材で、指紋や傷が目立ちにくくなっています。

本体正面

内側もクールな刻み模様が入ったデザインで、外側の素材よりもグリップ感が高い触感があります。

本体正面アップ

裏面よりは摩擦係数が高めの加工で、spigenのエンブレムが主張しています。

また、淵の部分は2~3mm程度、画面にかぶさる構造となっており、保護フィルターを使用する場合には、干渉する可能性がありますので、事前の相性チェックが必要かもしれません。

固さチェック

本体が無く、検証する事がさほどなかったため、硬度チェックをおこないました。

TPUという柔軟性と耐久性にすぐれた素材で、圧をかけて折り曲げにかかってもグニャリと曲がる訳ではなく、形状を保とうとする反発が感じられます。

単純に柔らかいということではなく、柔と剛を備えているという素材の特徴を示しています。

まとめ

ラギッド・アーマーのケースのみを今回は紹介しましたが、
スマホケースについて趣味趣向が特になく、何かとりあえず、おすすめして欲しいという方にオススメです。
とはいっても、実際に本体に装着していないため、今後実用後に改めてレビューを実施したいと思います。

まずは、本体が来るのを歯を食いしばって待つことにしましょう。

ガジェットカテゴリの最新記事