ガジェット

【沖縄~北海道まで】「リネットジャパン」でパソコンを無料で処分してもらった

2019年10月30日

不要になったパソコンの処分の方法としてまず思い浮かぶのは「メーカー回収」。

これは「PCリサイクルマーク」がついたPCに対して、メーカーが実施している無料回収のシステムです。

しかし、リサイクルマークの無いPCや、自作PC、部品取りなどによりPC内部のパーツ(HDDやメモリ)が不足しているものは、メーカー無料回収の対象外となることがあります。

私も先日、PC買い替えに際して、古いBTOメーカーのPC本体の無料処分をメーカーに問い合わせたところ、「HDDやメモリは取り付けた状態で 送付くださいますようお願いします」と回答をいただきました。

既に部品取りして次に回している状態であったため、メーカーでの回収はあきらめ次の手を探すことに。

粗大ごみとして回収を行っている自治体もあるようなのでWebページを確認してみるも、残念ながらPCは粗大ごみとしては回収できないとの事。


しかし、自治体のWebページから関連リンクとして紹介されていた無料回収サービスを発見しました。

それがこちら。

どんなパソコンでも無料で処分「リネットジャパン」

パソコンや小型家電などの回収サービスを提供している「リネットジャパン」というサービス。

ちまたの怪しげなリサイクル業者や廃品回収業者とは違い、自治体から紹介されている、いわば公認の事業者であるため信頼度は高いです。

また、従来のメーカーに回収を断られる様なPCでも無料回収の対象であるため、PC処分にお困りの方はご利用の価値があるかと思います。

サービスの特徴やメリットをいくつかご紹介します。

とにかく無料。自作PCも無料で処分してくれる

「壊れていてもOK」、「HDDがなくてもOK」、「古いPCでもOK」との事で、パーツ取りをして内部が欠品しているPCを含め、無料回収の対象となるようです。

メーカーで回収を断られたり、有料での回収となった場合は、こちらへ回収を依頼すると余計なコストをかけずに済みます。

※無料の範囲として、以下の点はご注意ください。

・PC本体を含む回収 1箱(箱3辺140cm以内 かつ 20kg以内) 
  ※ケーブルやキーボードの付属品も同梱可能
・PC本体を含まない場合、または2箱目からは1500円/箱

北海道から沖縄までネットで手続き・発送が簡単

手続きは、ものの数分でネット上で完結します。

入力内容も送付する商品に関する選択項目と、発送元の住所等の最低限の情報であるため、手間が少ないです。

梱包も規定サイズ内の段ボールであれば何でもOK。また、緩衝材での保護も不要ということなので、家にある適当な段ボールに素のまま入れ込んで、ガムテープで閉じるだけの作業で、コストが無駄にかかりません。

発送も、佐川急便ドライバーが自宅に回収しに来てくれるという至れり尽くせり。

手続き~発送までのステップがかなり簡潔となっており、ユーザーがかなり省エネで利用できる印象を受けました。

そして、早い

Webの手続きでは、集荷の日時が指定可能なのですが、「最速で翌日から」指定することが可能です。

思い立った翌日にはPCを処分することができるスピード感も魅力です。

このあたりは、自治体の粗大ごみ回収や、メーカーのリサイクル回収に比べても、各段に話が早いと感じます。

まとめ

頻繁に発生する作業ではありませんが、毎回少なからずリソースをさかれるPCや小型家電の廃棄処分。

「リネットジャパン」は無料で、手数が少なく、早く解決できる点で、かなり有意義なサービスだと思います。

ガジェット

2020/5/28

【1年無料/解約無料/端末1円】Rakuten UN-LIMITキャンペーンが色々スゴすぎ

第4のキャリアとして勢いよくサービスインした楽天モバイル。 データ使い方放題のプラン「Rakuten UN-LIMIT」の300万名限定キャンペーン が常軌を逸しています。(いい意味で)   キャンペーンのポイント 楽天モバイルのデータ使い放題(月額2,980)が1年間無料 いつでも解約可能かつ解約無料 申し込み時の事務手数料が実質無料(全額ポイントバック) オンライン契約で3000ポイントもらえる 「Rakuten Mini(eSIM端末)」が1円で購入可能(6/17まで)   2, ...

ReadMore

ガジェット

2020/8/13

【コスパ最強スマートウォッチ】HUAWEI WATCH GT2 関連記事まとめ

スマートウォッチ「HUAWEI WATCH GT2」を半年以上愛用しています。 本ブログでも度々紹介してきており、関連記事がそこそこ多くなってきたので一旦仕切りとしてまとめてご紹介します。   Contents 1 「HUAWEI WATCH GT2」とは? 2 「HUAWEI WATCH GT」と「HUAWEI WATCH GT2」の違いは? 3 「HUAWEI WATCH GT2」レビュー 4 「HUAWEI WATCH GT2」のフィルム 5 アプリ関連更新情報 6 スマートウォッチ関連 ...

ReadMore

ガジェット

2020/2/18

VRゴーグルの種類と選び方【2020年の最新事情】

VRゴーグルが登場して数年。今や一般家庭でも手軽にVRコンテンツをを楽しめる様になり、その遊び方や対応するデバイスの種類も増えてきています。 とはいえ、まだVRを経験した方の割合が多いのもではないでしょうか。 「VRにはどういったデバイスの種類があるのか」や「VRでは何ができるのか?」、「どういった使い方がおすすめか?」 といった疑問を解消すべく、最新のVRデバイス事情をまとめました。 VRゴーグル選びの参考となれば幸いです。   Contents 1 VRゴーグルの種類一覧 2 モバイル型VR ...

ReadMore

ガジェット

2020/5/28

HUAWEI WATCH GT2 の最新アップデート(1.0.3.62)で待ち受けフェイスが追加!!

HUAWEI WATCH GT2の最新ファームウェア「1.0.3.62」が更新可能となっていましたので、早速試してみました。 1.0.3.62 のアップデートでは、待ち受けの文字盤のフェイスが新たに追加されている様です。 従来のフェイスに少し飽きてきたころだったので、地味ながらうれしい変更です。   1.0.3.62 の更新ログより抜粋 注 1)更新パッケージをウェアラブルに転送した後も、更新を完了するにはインストールする必要があります。 2)ウェアラブルを更新するには、少なくとも20%のバッテ ...

ReadMore

ガジェット

2020/2/16

【シニア向け】はじめてのスマホデビューに向けておすすめの料金プラン

最近、うちの両親がガラケーからのスマホデビューを検討しています。 もう70代で立派な高齢者ですが、まだまだ意欲はある様です。   シニア向けのプランについて色々調べてみると、各キャリアやMVNO事業者ではシニアなどスマホデビューのユーザーをターゲットにした料金プランや割引プランが展開されています。   本記事では60歳以上のシニアユーザーの視点で各キャリアのお得なプランと、シニア向けサービスを展開するMVNOのおすすめプランの特徴を紹介していきます。   対象ユーザー 60歳 ...

ReadMore

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

やるログの人

南国在住。30代のSES系エンジニア。 便利なWebサービスやガジェット関連の情報収集を日課としてます。 収集したライフハック術を武器にアウトプット活動と子育てに奔走中! 本ブログで月間20000PV達成しました!

-ガジェット
-

Copyright© やるログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.