ライフハック

【時間がないのは皆同じ】社会人が勉強時間をつくる3つの方法

2020年4月19日

スキルアップのため勉強したいけど、全く時間が確保できない

仕事が忙しすぎて趣味の時間がない

育児がスタートすると自分の時間は皆無

社会人の方は日々の仕事・家事・育児に追われて「自分の時間がない」と思うことが多々あるかと思います。

とりわけ趣味が多く活動的な性格だったり、向上意識の高い人ほど『時間の貴重さ』を感じる場面が多いのではないでしょうか。

 

時間こそ誰もが平等に手にできる唯一の資産

( ホリエモンの著書「時間革命」より抜粋 )

 

不平等な世の中で唯一平等に配られたこのカードをどう使いこなしていくかで、5年後・10年後の生活や見える景色が大きく変化すると思っています。

 

「どうやって時間を作っていくか?」を考えてみると、日々の活動時間の中で大部分をさいている仕事を短縮・圧縮するのが最もシンプルで合理的です。

次点としては、「スキマ時間」や家事をしながらなどの「ながら時間」を最大限活用することでの時間の創出。

これらのポイントを押えた次の3つの方法が「社会人の時間がない問題」の解決策として浮かんできました。

  • 仕事を変える(難易度: 高)
  • 生活を変える(難易度: 中)
  • 「スキマ時間」「ながら時間」極める(難易度: 低)

本記事ではこれら3つの方法について掘り下げて紹介していきます。

 

上から順にハードルが高いですが、その分根本解決に近くため大きな効果が見込めるはずです。

逆に3番目、4番目は始めやすく即効性があるテクニックもありますので、手始めとしてはここからスタートするのがおすすめです。小さなことからはじめて将来的に大きな改善につなげていきましょう。

 

自由に使える時間はどれくらい?【調査結果】

まず、自分が持っている可処分時間がどれくらいかを把握しておきましょう。

可処分時間とは「自由に使える時間」の事で余暇時間などとも表現されます。

 

CITIZEN の意識調査アンケートの結果によると、平日の可処分時間の平均値は「2時間53分」でした。

働き盛りだったり、育児に奔走する30代、40代が最も少なく2時間40分前後という結果となっています。

あなたの可処分時間と比較するといかがでしょうか?

これを大きく下回るようであれば、自由な時間を圧迫している「仕事」や「生活行動」について振り返ってみると解決策が見えてくるかもしれません。

 

社会人の1日の平均勉強時間は6分!?

総務省の統計データによると、社会人が「学習・自己啓発・訓練」といった勉強や能力向上に割く時間は6分だそうで。。

「皆意識低すぎ」

思いのほか現代の社会人は自由に生きているもので、「勉強しなければいけない」と焦りを感じる必要はないのかもしれません。

とはいえ、平均値ですので業種や職種によって全体を映す鏡ではありません。業種によって偏りは大きいでしょう。

例えば、ITエンジニア界隈であれば積極的な勉強会や個人開発が当たり前に行われていたり、仕事と趣味の境目なくプログラムを書き続けている様な人もいます。

特にネットやSNSで発信しているような人たちの中では、休養やくつろぎ、睡眠時間を削って勉強時間にあてているという人も少なくないと思います。

 

勉強時間を作る方法①「仕事を変える(転職)」

時間がない原因が仕事(残業・通勤含む)であると分かっている場合は「仕事を変える(転職)」というのが、最も直接的で効果の高い処方箋ではないでしょうか。

仕事に対する様々な価値観はさて置き、時間の作る事にのみ着目すると、

  • 残業があるよりない方がいい
  • 8時間労働より7時間労働
  • 週休2日より週休3日
  • 通勤があるよりない方がいい

というのは自明です。

もちろん、実際には賃金や付加価値(仕事内容・やりがい・学び)といった対価」と天秤にかける必要はありますが、より高レートで時間資産と交換できる労働環境であるほど時間消費をおさえられます。

あくまで「転職」は選択肢の一つで「転属」など組織内異動で同様の効果が見込めるのであれば、そちらの方が労力がかからないかと思います。

 

「転職なんて簡単ではない」という意見もでてきそうですが、日本の現況はかつてほど転職が難しい時代ではないと思います。

働き方も多様化していますし、転職そのものに対する旧来的なネガティブイメージも薄れてきています。特にIT業界、Web業界方面では転職を重ねてキャリアを積んでいくという考えは珍しくなくありません。

Twitter上で転職・採用活動が繰り広げられるなど、職を変える事が割とカジュアルなイベントとして認知されはじめています。

 

最適化のすすんでいるIT業界を例にとりましたが、少子高齢化による売り手市場の拡大も見込まれますし、職種を超えてこういった潮流は広がっていくのではないでしょうか。

 

もっとも、このようなアクティブな転職活動の成功率を高めるためには「ポータブルスキル」の積み上げが重要であることを付け加えておきます。

ポータブルスキルとは文字通り「持ち出し可能な能力」のことで、所属企業・広い場合は職種が変わっても汎用的に生かせる技能や専門知識、コミュニケーションスキルなどです。

例えばプログラミングやWeb関連、財務/税務、マーケティングの知識など汎用性があり需要が高いスキルがあげられます。

ポータブルスキルのレベルは高いに越したことありませんが、身の丈に合った転職においては特別に優秀である必要はありません。

現に「未経験から半年の勉強でプログラミングになれました!!」みたいな話はネットやSNSでは見飽きるほど散見されます。

確かにネット教材プログラミングスクール掃いて捨てるほど充実している現在であれば再現性の高そうな話で、唯一必要なのは「やる気」と「時間の確保」でしょう。

 

正しい努力を正しい方向で継続できれば華麗なるジョブチェンジ話も十分可能なはずです。

 

  • 時間がない要因が仕事なら転職も検討しよう
  • 転職はネガティブなイベントではない
  • 良い転職の準備として、ポータブルスキルの積み上げを行う

 

勉強時間を作る方法②「生活を変える」

日常生活の行動を一度見直してみるのも効果的だと思います。

ここで紹介する次の2つの方法は、小さい事からすぐにはじめられるのでおすすめです。

  • 無駄な習慣や行動を捨てる。
  • 家事を捨てる(お金で解決する)

無駄な作業や行動を捨てる

空いた時間や寝る前にスマホをいじっていたら、あっという間に時間が過ぎてしまう事はよくあると思います。私も油断するとやってしまい勝ちです。

MMD研究所の調査データによると、約50%の人が「1日に3時間以上」スマホを利用しているそうです。

※「1日に2時間以上」だと71%に上がります。

思ったより多くないですか?

実は可処分時間のほとんどを使ってないか?と思ってしまう調査結果ですよね。

明確な目的を持った行動であればまだしも、流れてくるSNSのタイムラインやネットニュースを時間制限なく眺めていたり、ソーシャルゲームに貴重な可処分時間を捨てていないでしょうか。

もちろんリラックスや遊びの要素も必要ですが、時間に区切りをつける事は必要です。

 

無駄な行動というのはただ習慣化しているだけで、明確な理由や目的を持たない事が多いため、

何で今この行動をとっているんだっけ?

と、逐一自分に問いかけすることである程度は自己認識することができます。

 

対象がスマホの場合、自己認識さえできれば捨て方は簡単。不要・無意味と判断したアプリをスマートフォンから削除するのみです。思い切ってやってみると結構すっきりしますし、意外と後を引かないのでかなり有効だと思います。

もし、気がゆるんで再びインストールして使ってしまっても問題ありません。また消せばいいだけです。いずれは、再インストールするのが面倒になって存在を忘れていくと思います。

 

家事を捨てる(お金で解決する)

毎日の家事というタスクの存在は無くなりませんがお金で解決する事ができます。便利家電に家事を委託するのです。

家事時短術における鉄板とされている「新三種の神器」はご存知でしょうか?

導入コストや生活環境(配置スペース)など折り合いがつくならば、買わない理由を探すのは難しいといえますので是非検討してみることをおすすめします。

 

「ドラム式洗濯乾燥機」

乾燥機能付きであれば、洗い~乾燥をノンストップで行ってくれるため、その間に存在する一切の家事や手間が省略できます。

外干しを行っている家庭に導入すると効果は絶大です。ただし導入コストは高め。

 

「食器洗い機」

時間も削減できて、水・電気代の費用削減効果もある。

置く場所さえ確保できれば導入必須の神器だと思います。

全自動洗濯機と比較すると半分以下の導入コストでありながら、QOLに大きく寄与するため「ローンしてでも買うべき」と巷で言われているのも納得。

 

「ロボット掃除機」


我が家では1万円代の安いものを購入しましたが、平日の朝の掃除機がけルーティーンが完全に不要に。

安いものでもしっかり働いてくれるので、コストパフォーマンスで言えば最強のアイテムだと思います。

時短掃除術の必須アイテム!!コスパ最高のロボット掃除機

続きを見る

 

家電の導入については、価格・機能など様々ですし生活環境とのマッチングも必要となってきます。

いきなり大きい出費は怖い。。という方は家電のレンタルサービスなどを利用して事前にお試しすると失敗を避けられると思います。

 

勉強時間を作る方法③「スキマ時間」「ながら時間」を極める

5~10分程度の『隙間時間』や、家事・通勤・トレーニングをしながらなどの『ながら時間』。日単位で考えると少ないかも知れませんが、毎日積み上げると大きな時間資産となります。

これらの時間を上手くいかせると、生活をあまり変えずに使える時間を増やす仕組みができあがります。

 

例えば、「学習」や「情報収集」の時間が不足しているのであれば次の解決方法があります。

  • 学習アプリやニュースアプリを活用
  • 「Podcast」や「オーディオブック」など耳を使ったインプット

 

学習アプリやニュースアプリを使う

とりわけ資格の勉強や語学は学習アプリとの相性が良いです。

一問一答形式でサクサクとQAを繰り返すスタイルのアプリであれば、スキマ時間で細かい学習を積み上げが可能です。

英語学習関連は種類が豊富ですし、資格学習のアプリもニッチでなければ探すことができると思いますので、目下勉強中の分野があれば是非アプリのストアをのぞいて見てください。

英語学習 iKnow!

英語学習 iKnow!
開発元:Cerego
無料
posted withアプリーチ

 

スタディサプリ

スタディサプリ
開発元:Recruit Co.,Ltd.
無料
posted withアプリーチ

 

ニュースの収集もアプリの活用がおすすめです。

ブラウザでアクセスするのと違ってアプリを起動するとすぐにアクセスできますし、興味のあるジャンルだけ表示したり通知設定を行ったりとカスタマイズすることで最適化することができます。

例えばニュース系で有名なのはこの辺りでしょうか。

スマートニュース

スマートニュース
開発元:SmartNews, Inc.
無料
posted withアプリーチ

 

グノシー

グノシー
開発元:Gunosy Inc.
無料
posted withアプリーチ

 

ITmedia for iPhone/iPad

ITmedia for iPhone/iPad
開発元:ITmedia Inc.
無料
posted withアプリーチ

 

アプリによっても得意なジャンルなど傾向が異なるので、複数インストールして絞り込んでいくのがおすすめです。

 

Podcast(ポッドキャスト)とオーディオブックをつかう

無から有を生み出すと言っていいくらいに、時間を欲している人におすすめなアイテムがPodcastオーディオブックです。

どちらも音声コンテンツを聞けるサービスで、二つあわせると語学、専門知識、趣味の読書に至るまで幅広いコンテンツをカバーしており様々な情報を耳でインプットできます。

家事をしている時間や、通勤中の時間を無駄に過ごしていませんか?

手足や目は単調な活動に奪われていても、耳は暇をしているものです。

 

ちょっとした工夫で毎日30分、1時間を積み上げる事で1、2年後には大きな成果となって表出してくるはずです。

毎日の退屈なルーティーンを抱えている人には、最もアドバイスしたいライフハック術。

 

Podcastの良い点 / Podcastを聞く方法

Podcastはインターネットラジオの様なもので、誰でも音声コンテンツを作って配信する事ができます。

配信されたコンテンツはいつでもどこでもユーザーが好きなタイミングで聞けるのが快適。

コアも多く語学の勉強になる番組や、IT、歴史など本当に色々な情報を「生の声」で「楽しく」インプットする事ができるので一度体験して欲しいです。

 

Podcast を聞く方法は色々ですが、定番どころをあげておくとこのあたり。

iPhoneユーザー向け

Apple Podcasts

Apple Podcasts
開発元:Apple
無料
posted withアプリーチ

 

Androidユーザー向け

Google Podcasts

Google Podcasts
開発元:Google LLC
無料
posted withアプリーチ

 

オーディオブックの良い点 / オーディオブックを聞く方法

オーディオブックは既に販売されている様々な書籍を朗読で読み上げてコンテンツ化したサービス。

話題の書籍やベストセラー、洋書など本屋さんの棚に並んでいる様な本を「ながら聴き」できる事がメリットです。

Podcastと違い商業コンテンツなので基本的に有料ですが、音質や朗読の聞き取りやすさは安定しています。

 

国内オーディオブックの2大サービスはAmazonが運営する「Audible」と「audiobook.jp」の2つです。

それぞれ特徴が異なるので、用途やコンテンツによって使い分けると便利だと思います。

どちらも無料体験が用意されてるで、こちらからお試しされる事をおすすめします。

サービス名特徴コンテンツ数プラン
audiobook.jp聞き放題が魅力

小説・ラノベ・アニメをはじめ、ビジネス・自己啓発・資格など
ジャンルは幅広い。

多い

(2万冊以上)

・聞き放題 : 月750円

30日お試し無料
・1冊毎に買い切りもOK

AudibleAmazon が手掛ける世界規模のサービス。
洋書を含めるとコンテンツ量は圧倒的
多い

(40万冊以上)

・月額1,500円で1コイン(=1冊)

30日お試しで何でも1冊無料

・1冊毎に買い切りもOK

 

もっと詳しく知りたい方はこちらも参照ください。

【audiobook.jp】無料で始めるオーディオブック聴き放題プラン

続きを見る

 

2018年、2019年で最も聞かれているメンタリストDaiGoさんのオーディオブックも1冊無料で聞くことができます。

【無料で聞ける】メンタリストDaiGoのオーディオブック全タイトル

続きを見る

 

まとめ

本気で生きていれば時間がないのはみんな同じ。

その中で小さくても改善のサイクルを回していく事で時間資産の流出を防いだり、保有している時間価値を高めていく事ができるのだと思います。

小さなことからコツコツと。

未来を変えるには明日を、明日を変えるには今日を。ほんのわずかに変える行動を選択しつづける必要があります。

という訳で偉そうに色々に書いてきましたが、一人でも多くの今日を変えるきっかけになれば幸いです。

ライフハック

2020/8/28

【沖縄でサービス開始】『Uber Eats(ウーバーイーツ)』で利用できる店舗は?

2020年8月25日より、沖縄の一部地域で『Uber Eats(ウーバーイーツ)』のサービスが開始されました。 Uber Eats(ウーバーイーツ)とは、海外発のフードデリバリーサービスです。ユーザー(注文者)は専用アプリを使ってUber Eats 提携店の料理を注文でき、注文する料理の代金に加えて配送手数料(320円)を支払うことで、Uber Eats配達パートナーが料金をお届けしてくれるサービスです。 本記事では沖縄でのサービス開始にあたり、沖縄県の配達エリアと利用できるお店について紹介します。 &n ...

ReadMore

クロスバイク ライフハック

2020/8/12

【ダスキンは不可】ママチャリがレンタルできるサービスまとめ

子供の保育園や幼稚園などの送り迎えで大活躍のママチャリ(婦人用自転車)。日常の足として便利なので購入を考えている方も多いのではないでしょうか? しかし、購入するにあたっては保管場所を確保が必要だったり、実際に乗りこなせるか不安があったり買うのを躊躇してしまう側面もあります。また、短期間のみの利用を考えている場合であればコストの問題や処分の手間を考慮しなければなりません。 そんな方におすすめなのが「ママチャリのレンタルサービス」。 レンタルサービスを利用すると次の様なメリットがあります。 短期での利用であれ ...

ReadMore

ライフハック

2020/5/27

【簡単5ステップ】アイコンの作成を「ココナラ」で依頼してみた

初体験!! ブログとSNS用のアイコン作成をクリエーターさんに依頼してみました。 利用したサービスはスキルマーケットの「ココナラ」です。 個人間のやり取りがめんどくさそうなイメージを持っていましたが、実際に利用してみるとめっちゃ簡単にオリジナルアイコンを作ってもらえました!   本記事では「アイコンの作成依頼から完成までの流れ」について、実例を交えて詳しく紹介していきます。   ココナラではこんな方にもおすすめですので、ぜひ参考に読んでいただければと思います。 こんな人におすすめ オリ ...

ReadMore

ライフハック

2020/5/27

【意外と買えた】マスクのネット通販サイトに挑戦してみた【アイリスオーヤマ】

なかなか需要に追いつかないマスクの生産。。 大手メーカーなどによる生産体制の強化や布マスクの普及によりにより、生産数自体は増えてきているものの店頭で見かけることは無い状況です。 物流を考えると当面はマスク不足の解消は難しいであろうという見方もあるようです。   明日の外出用のマスクにも困る状況。 「実店舗がだめなら、ネット通販だ!」 ということで、先日アイリスオーヤマのネットショップでのマスク購入にチャレンジしました。   結果、、意外と買えました。   Contents1 ...

ReadMore

ライフハック

2020/5/31

【時間がないのは皆同じ】社会人が勉強時間をつくる3つの方法

「スキルアップのため勉強したいけど、全く時間が確保できない」 「仕事が忙しすぎて趣味の時間がない」 「育児がスタートすると自分の時間は皆無」 社会人の方は日々の仕事・家事・育児に追われて「自分の時間がない」と思うことが多々あるかと思います。 とりわけ趣味が多く活動的な性格だったり、向上意識の高い人ほど『時間の貴重さ』を感じる場面が多いのではないでしょうか。   「時間こそ誰もが平等に手にできる唯一の資産」 ( ホリエモンの著書「時間革命」より抜粋 )   不平等な世の中で唯一平等に配ら ...

ReadMore

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

やるログの人

南国在住。30代のSES系エンジニア。 便利なWebサービスやガジェット関連の情報収集を日課としてます。 収集したライフハック術を武器にアウトプット活動と子育てに奔走中! 本ブログで月間20000PV達成しました!

-ライフハック

Copyright© やるログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.