ソフトバンクの格安SIMがスタート!微妙な価格設定に困惑

2017年3月22日。b-mobileからソフトバンクのMVNO(格安SIM)の提供がスタートしました。

ソフトバンクのiPhone・iPadで使えるデータ通信専用の格安SIMの登場です。これまでドコモの格安SIMでは利用できなかったソフトバンクSIMロックのiPhone・iPadに対応のSIMカード「b-mobile S」が登場です。

元SoftBankのiPhoneユーザー(現在はmineで運用中)としては、各プランの内容と料金設定が気になるところです。

今後の乗り換えを視野にいれてチェックしていきます。

Sponsored Link

プランは?

SIMはデータ通信専用のみ

当初から発表されていたように、初動はデータ通信専用SIMのみ(電話番号なし/通話不可)のプランのみとなります。

やはりキャリアの完全乗り換えにあたっては、音声通話可能なSIMが必須となりますので今後のサービス拡張に期待です。

選べるデータ通信量は4段階

今回展開されたプランで選択できるデータ量の種類は「1GB」「3GB」「7GB」「30GB」の4段階となります。3G~7G、7G~30Gとプラン間のデータ量の幅が結構大きいのが気になるところではあります。

料金は?

出典:bmoblile

私が現在利用しているmineoなど、他のMVNOキャリアの月額基本料金と比べると若干割高感はあります。

SoftBankに対応している競合が無い状態こともありやや強気の料金設定か?という印象を受けます。30GBプランとなるとそもそもモバイルSIMとしてここまでの大容量プランの需要があるのか分かりませんが、固定回線並みの月額となります。モバイルルーターの一つでも契約した方が賢明でないかと思ってしまいます。

前項でも述べましたが、プラン間のデータ量に結構な開きがあり、それに応じて料金にも幅があります。ミドルユーザーにとってはプランの選択が悩ましいところです。

「5GBプラン」や「10GBプラン」など、10G以下の選択肢があれば良いのですが。。

通信制限

他のキャリアと同じく、データ量を月内に使い切った場合には「最大200kbps」の通信制限があります。

データ通信量の繰り越し

月内に使い切れなかったデータの翌月繰り越しは行えません。

対応機種

対応機種はソフトバンクのiPhoneとiPadとなっています。

NanoSIM端末の

iPhone5以降」、「iPhoe pro」、「iPad Air」、「iPad mini

および、MicroSIM端末の

iPad(第4世代)」、「iPad(第3世代)」、「iPad 2 iPad(初代)

が対象です。

その他

その他2年縛りについてや契約事項などは公式サイトのFAQがありますので、そちらから確認してみてください。

ソフトバンクのiPhone・iPadで使えるデータ通信専用の格安SIMの登場です。これまでドコモの格安SIMでは利用できなかったソフトバンクSIMロックのiPhone・iPadに対応のSIMカード「b-mobile S」が登場です。 (※開幕SIMはデータ通信専用SIMで発売開始となります。音声通話には対応していません...

まとめ

所感としては微妙・・・ですね。特に料金プランについては、まだユーザ不利な印象を持ちました。今後のサービス拡張に準じてユーザーの要望を取り込んだプランの改定を待ちましょう。

ご参考までに

Sponsored Link
レクタングル大
レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする