猫カフェに初めて行ってみた話

生活圏内に最近猫カフェが出来たらしいので、行ってみました。

私自身、流行りの「猫派」「犬派」でいうなれば完全に猫派であると自負しています。

それゆえ、猫カフェへ一度は行ってみたいと前々から思っており、今回ようやく念願かなってという運びです。

「猫派」とはいっても実際に猫を飼った事がなく、触れる機会もほとんど無かったため、ただのイメージで物を言っているに過ぎないのですが。

猫に好印象を抱いている理由は、以下のざっくりとしたイメージがあるため。

猫のイメージ

・かわいい

・マイペース(自由)

・キレイ好き

なお、ジブリの「猫の恩返し」が大好きで何回も見返しました。

今でも何かに疲れた時に観たくなる時があります。

ゆるやかーに自由に生きている様に見える姿や振る舞いに、ある種の「憧れ」とか「理想」みたいな何かを投影しているのかも知れません。

一方で犬に対しては苦手な印象があります。

実は幼少期に実家で犬を飼っていました。

育てが悪かったのかナめられていたのか、家族の中でも私に対してだけかなり凶暴でかなり手をやかされました。

「飼い犬に手をかまれる」が日常で、手に生傷がたえなかったのは良い思い出(?)です。

犬のイメージ

・怒る

・咬む

・暴れる

・一応、かわいい

とりあえず、見た目だけはかわいいのですが、それにだまされてはいけません。

中身は狡猾で凶暴で小悪魔そのものです。

・・・完全に過去のトラウマを引きずっているようです。

偏見といえますが、まぁ個人のイメージとしてはこんなところです。

初めての猫カフェに入店

店に入ってみると、なんとなく歯医者のような香りがしました。

「消毒液?かな」

とか思っていると、小柄な人の良さそうなお姉さんが爽やかに出迎えてくれます。

「いらっしゃませー♪」

続けて

「当店のシステムはご存知ですか?」

事前に時間や料金については調査済みでしたが、せっかくなのでここは、説明をお願いしてみることにします。

説明を聞きながら、受付からガラス越しに見えるカフェエリアに目を向けると

にゃん先生が。。たくさん。。寝ていらっしゃる

午後2時くらいに訪れたのですが、ちょうどお昼寝タイムだったのか、そういう生き物なのか、「ゴロゴロニャ~」と横たわっている猫達。

もしかすると、遊んでくれないかもしれない。

ニャンコのお昼寝姿を眺めるだけで終わってしまうかもしれない。

だが、それがいい。

猫のイメージからすると全然想定内。おーけー、おーけー。

と勝手に納得し、一時間コース(800円くらい)でお願いすることに。

手を洗って、アルコールで消毒して準備は万端。

猫部屋へ突入すると、受付から確認できた猫の数の倍くらいで総勢10匹くらいのニャンコが・・・

やはりお昼寝していました。

しかし、中には私が入ると起きて様子を伺いに来る猫もおり、

起きて寄ってきてくれるだけでも猫ビギナーの私にとっては満足だったのですが、

律儀にも私の猫じゃらしに付き合ってくれるという「神対応」。

他にも、丸まって寝ている猫。ミニハンモックに乗っかって寝ている猫。ソファーの上で全身を伸ばして寝ている猫。

近くで観察してみて思うのです。

「何だこのカワイイ物体は?」

ここまで色々な種類の猫が寝ている姿を見る機会はなかなかありません。あざとさの暴力です。

喉の奥に若干のむず痒さを感じながらも、遊ぶニャンコ、寝るニャンコに夢中の一時間でした。

(遊ぶのに夢中でろくに写真も撮っていなかった)

まとめ

猫カフェに行くと、猫にハマリます。

リピーターの気持ちが分かりました。

スリーピングキャッツもいいもんだぜ。

おしまい

Sponsored Link
レクタングル大
レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする