MVNOに乗り換えて感じた3つのデメリット

SoftbankからMVNO(格安SIM)へ移行して3カ月が経過しました。

MVNOの良い点といえばやはりリーズナブルな価格帯で、月々8000を軽く超えてくる支出が2000円程度に縮小されたことだけでも素晴らしいことです。

基本的には大満足ではあるのですが、酸いも甘いも一周したというここらでMVNOに乗り換えで「不便した点」、運用を開始して「不便している点」を振り返ってみたいと思います。

料金が安い分それなりに手間がかかる点もありますので、MVNOの利用を考えてる方は以下で上げるデメリットに耐えうるか、否かを一つの判断基準としてはいかかでしょうか?

Sponsored Link

MVNOへの移行時に感じたデメリット

主に移行時、移行直後に感じたポイントを挙げてます。

キャリアのメールアドレスが利用できなくなる

キャリアのメールアドレスが利用できなくなるという点は難儀しました。

長年利用していたアドレスであるため、様々なサービスに登録している場合には当然変更手続きが必要になります。

メジャーなキャリアと違い、一部のサービスでは主要なキャリアメールのアドレスでないと登録できない(入力チェックではじかれる)等ということもあり、対応に困る事もあります。

この反省を踏まえ、サービスに登録するメールアドレスには「キャリアメールを使用しない」のが賢明だと思いました。

その他は特になし

振り返って色々考えてみましたが、メールアドレス問題を除いて特に引っかかった点はありませんでした。

SoftbankのiPhoneからの移行であったため、「SIMロックを回避する」為に多大な労力を要しましたが、どうしてもSoftBankのiPhoneを引き継ぎたいという特殊なパターンなので本観点からは除外します。(なお参考記事は以下にあります)

R-SIM10でソフトバンク「iPhone6 Plus」のSIMロック解除に成功!!
ソフトバンクからの脱出、mineo(マイネオ)への入国編の最終仕上げ。 (前回の記事) mineoのDプランの契...

運用中の今現在感じているデメリット

3カ月の運用期間で感じたデメリットを挙げます。

時間単位の通話料は割高になりがち

通話プランがメジャーなキャリアに比べて少ないです。私が契約しているプランでは20円/30秒

基本料金が安く通話料を含めても十分安い額に収まっているため大きな問題ではありませんが、うかつに長時間電話はできないため常に意識に入れておかなければいけません。

新プランとして「5分かけ放題」等もありますが、あまり電話をかけない人にとっては返って割高になる可能性が高いと思われます。

対策として「楽天でんわ」(アプリ経由の発信で通話料が半額になる)などのIP電話アプリを利用してやりくりするのが良いとされています。

昼頃のパケ詰まり

大手キャリアの電波帯域を間借りしているMVNO特有の問題として、通信が混雑する時間帯には「速度の低速化」を体感することがしばしば。

特に利用者が多くなるお昼休みの時間帯はかなり遅くなります。その遅さたるや、LINEやメール程度であれば問題になりませんが、通常のWebページ閲覧には支障がでます。動画コンテンツなどはもっての他という状況です。

モバイルルータと併用して通信速度状況によって使い分ける位の対策しかないかと思います。

私の場合は家回線兼持ち出し用としてWimax2+を利用しています。すごく便利です。

まとめ

以上が数カ月運用して感じたデメリットです。結果としては思ったより不満は少なかったです。最大のデメリットとして感じているのは通信速度の件ですが、その他の事は取るに足らない程度かもしれません。

格安SIMへの乗り換えをご検討の方はご参考までに。

Sponsored Link
レクタングル大
レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする