直火式ホットサンドメーカーのおすすめはコレだ!!使い方もレビューしてみる

前々から興味のあった直火式の「ホットサンドメーカー」。

ふらっと立ち寄ったアウトドアショップで偶然見かけまして…

衝動買いにもかかわらず久々に大満足できた一品でしたので、今回は使い方とあわせてサクッと紹介しますっ。

ホットサンドメーカーのイリュージョン

「簡単」「早い」「旨い」の三拍子そろったスゴイ奴なのですが、

最大の魅力は「材料を選ばない」という事。

具材は冷蔵庫にある「ありあわせの材料」でいいんです。

むしろ、ありあわせの方がホットサンドメーカーのポテンシャルを最大限に生かせるのかもしれません。

ではイメージを膨らませて、冷蔵庫の在庫で早速焼いてみましょう。

①パンの上に具材を乗せる

②さらに乗せる

③上にパンをサンドして両面を焼く(3~4分)

④はい完成~

ビギナーでも簡単、味もウマーです。

冷蔵庫にある晩御飯の残りや、賞味期限間近で処理に困る食材を組み合わせて、

パンに挟んで焼くだけ」でこじゃれた喫茶店メニューの出来上がり。

大した手間をかけている訳ではないのに何故か

イメージした味の「一段階上」をいく仕上がり具合を魅せてくれます。

※この事象を「ホットサンドイリュージョン(HSI)」と名付けました。

人気のホットサンドメーカー

今回私が購入したのは、

amazonでも売れ筋の「LOGOS(ロゴス) ホットサンドパン」という商品です。

実際使用してみてコレが当たりだった。

人気商品ですので、性能面などの品質の点で安心感があることもオススメのポイントですが、もう一つ「ホットサンドメーカーにあって欲しいチャームポイント」が備わっています。

それが、パンにいい感じに焼き付けられる「ロゴ」。

(上の焼きあがり画像でも確認できます)

「LOGOS」文字と「楓」のマークがこじゃれた雰囲気をかもしだし、

オリジナリティーあるサンドイッチに「楽しさ」を添えてくれる事でしょう。

実用性の面で加えていうと、

中央に「仕切り」が入っているため、焼きあがりをお手ごろサイズに2分割できます。

それぞれのサイドに違う具材料を配置することで、「1つで2度おいしい」という楽しみ方もできます。

ごはん用とデザート用まとめて焼くのもアリです。

まとめ

ここが良かった

  • 簡単、はやい、うまい
  • 大抵の具材で美味しくできる
  • 焼き印がおしゃれ

家で小腹を満たすのもよし、ランチ用に焼いて持っていくもよし。

不安要素があるとすれば、今後のヘビーなリピート使用を想定して「耐久性はいかがなものか?」というくらいで、今のところ買って大満足!

テレビでも度々取り上げられ、愛好家も多い人気者。

実際に購入して使用してみることで、その人気の理由を推し量ることができました。

おしまい

Sponsored Link
レクタングル大
レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする