【ラインスタンプ販売】6作をコツコツリリースした全売り上げレポートを公開!

私の様なずぶの素人でも参入可能な敷居の低さから、数多の人が高みを目指しリリースを重ね、そして砕け散っていったという。。

そう「ラインクリエーターズマーケット

最近では新規参入者もぐんと増え、市場も完全に飽和状態に近づきつつあるその市場。

マーケットが開放多方面から「売れない」「割りに合わない」との厳しい現状が伝わっているかと思います。今回はそのリアルな売り上げをご報告致します!

一例として、今後参入される方へのご参考になればと公開させていただきます。

【作者基本情報】

・絵心無し。下手ではないよね(自称)レベル

・装備(イラストソフト、ペンタブ等)は無し。

⇒スマホアプリ(ArtStudio:有償版)  + 指でかく!

【スタンプ販売情報】

<リリース本数>

・6作

<販売期間>

・2014年8月~2014年4月末

【その他参考情報】

<一作あたりの製作時間平均>

・紙への下書き(カットの考案込み):15分/カット

・アプリへの取り込み/ペン入れ:12分/カット

・出力/サイズ加工/チェック:1.5時間(40カット分のトータル)

<宣伝活動>

・sns等での宣伝等無し。

・初期作は家族に配布。最近は自分用に一個購入するのみ。

【トータル工数】

20h時間弱(うへぇ。。

販売本数に関しては4月末時点で6作。最初の一作目の販売開始が8月ですので、そこから1、2ヶ月に一本程度のペースで追加作を販売していっている状況です。

などなど前置きはコレくらいにして、

早速これまでの全売り上げを発表したいと思います。

以下、どーん

いかがでしょう?

リリース本数に対して売れていないには違いないのですが、「全く売れねー」とも言い切れない微妙な売り上げ。

上記「分配金額」がスタンプの売り上げに対するこちらの配当額。そこから源泉徴収を除いたのもが「受け取り可能金額」。

コツコツ時間をプライベートな削って、積み上げてきた成果としては十分なものではありませんでした。

ちなみにあまり計算したくもなかったのですが、戒めまでに一作20時間として時給に換算してみると28,373(円) ÷ 140(時間) = 202.7(円)

昭和中期かっ!!」(知らんけど

尚、月別の内訳は以下の通り

2月頃から分配増え、多少見れる売り上げになっているのが分かるかと思いますが、

実はリリースした6作の内、1作の売り上げが全体の8割以上をカバーしておりそのスタンプの販売開始が2月終盤なのです。

逆に言うと残り5作の売り上げはそれぞれ1000~2000円がいいところでスズメの涙程であることがいえます。

ご覧の通り、スタンプ販売が甘くない市場であることはお分かりいただけたかと思います。

※上記集計には加えていません5月にも7作目をリリースし、こちらの売り上げは「2,310円」で頭打ちの様相です。

これまでの結果から、決してセンスあるとは言えない私ですが、今後参入される方へのアドバイスをさせていただくとすれば、

市場を研究せよ!

ありきたりではありますが、圧倒的物量が行き交う流れの速いスタンプ市場で、スキルや知名度が十分でない方が台頭するにはランキング上位のスタンプを見て「需要を知る」ことが最も重要だと思います。

私の場合、直近の3作品を除いては、自分が「面白い」「かわいい」と思ったものをそのまま作成⇒撃沈という一途をたどっていましたが、ランキング上 位の作品を見てユーザに好かれる作風、キャラを自分なりに噛み砕いて取り入れた結果売り上げが向上しました。(だだし、パクリはイくない!)

とはいっても「2000円は売り上げ見込めるかも~」程度で時給200円レベルを脱しておらずドヤ顔はできませんが。

まだ「ユーザーを無視した変なものでなければ、ほぼ確実に売り上げが望める(0円は無いの意味)」と「当たればウハウハの可能性(これが魅力)」と いう点から参加する価値はあるとは思いますが、飽和からヒットを打てる確率も下がり続けているため、今後は見返りを求めるには、より一層厳しい市場となる 事が想定されます。

くれぐれも、参加する際はあまり力を入れすぎず「趣味の延長」「息抜きで」くらいのスタンスで望むのが精神衛生上ベストでしょう。

おしまい

Sponsored Link
レクタングル大
レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする