客先常駐のIT技術者(PG/SE)から脱却すべき理由

今年も新年度の組織改編や異動で周囲があわただしくなってまいりました。

相変わらずの客先常駐エンジニアに甘んじている私です。

おかげ様で、現場の飲み会での立ち回りスキルだけはレベルがカンストしそうな勢いです。

さて、客先常駐エンジニア(プログラマ/システムエンジニア)にとって新たな客先、出向先への転換も多くなる時期です。

新たな案件を獲得するための「出向先との面談(顔合わせ)」だったり、契約が決まった後の「業務内容やシステムの説明」、「現場での挨拶回り」と毎度ながらプチ転職でも行っているようで、精神の負担を着実に積み上げていくサイクルであります。

派遣もどきのキツイ部分であります。

右も左も分からぬ新入社員の頃や、ある程度の仕事を一人でこなせる技術が身につく様になるまでの数年は、やる気と体力と「社会人なのだから労働環境などに負けてはいけないという」ある種の責任感でがむしゃらに働いていたのですが、苦節10余年の末

「果たしてこのままでよいのか?」「仕事に対して諦めを感じているんじゃないか?」

と思うことも多くなってきました。

そんなエンジニア達の苦悩や思念や渦巻くが「客先常駐」という働き方について、今一度考えてみましょう。

Sponsored Link

客先常駐の契約形態と闇

そもそもどういう契約なのか?

客先常駐と一口でいっても、契約形態としては「請負」か「派遣」に分かれます。

両者の違いの肝となる点は以下です。

請負:プロパーが直接指揮命令を行ってはいけない。

派遣:プロパーが直接指揮命令を行わなくてはいけない。

しかし、IT業界において本来の意味での請負を客先で行っているケースは少なく、客先の指示や体制に基づき業務を遂行する現場が多いのではないかと思います。

法律的にグレー(限りなく黒)な実態

また、偽装請負2重請負が横行し、搾取する者と搾取される者の構図がはっきりしたケースも少なからずみられるのがこの業界の特徴でもあります。

特に大手メーカー系などの母体が巨大な組織ほどこのような傾向が強く、全国各地の中小企業からかき集められた外注エンジニアが大半を占める現場などに行くとそれはもうカオスです。

過去に大手メーカーの子会社に数年していた際には、偽装請負に2重請負の輪かけてドラゴンスクリューをかました様な状況で、どこの会社の人間として振る舞えばよいのか、どの範囲で所属情報を開示して良いのかややこしい事になっており、しばらくは「ワタシハダレ?」状態でした。

客先常駐から脱却すべき理由

客先常駐の害悪については、過去記事でも取り上げていますが、自社開発製品を持たず請負や派遣を主な売り上げとしている会社に属している場合は、常に危機感を持ってしかるべきだと考えます。

客先常駐という負のスパイラル。自分の身は自分で守れ!
「自分の身は自分で守れ」 地方の弱小IT企業に勤める身の上で、自分のポリシーとなっている言葉です。 かつて私が入...

以下は「客先常駐」という業務形態の問題点、デメリットについて改めて考えていきます。

やりたい仕事ができない

客先常駐をメインで行っている会社というのは基本的に受け身です。

人を回さなければ売り上げが発生しないため常に流動的に「その時にある案件」に「その時に手が空きそうな人」をあてがうというのが基本形です。

ですので、やりたい仕事や学びたい技術に当たることは可能性として高くありません。

ハズレ案件を引くと人一倍苦労する

それどころか、仕事が枯渇している会社では「これってIT職といえるのか?」というような案件にあてがわれる事もあり得ます。運悪くそのような仕事に何年も従事させられると、大した技術の向上も無く、月日だけ浪費してしまい、大したの蓄積のないまま30代、40代を迎えてしまうわけです。

技術が資本であるIT職にとって、こうした状況は死活問題で、そのまま同様の案件を安定的に確保して大きな波も無くサラリーマン人生を逃げ切れるのであれば、それはそれでハッピーライフだと思いますが、外の仕事をメインでやっている会社であればそうもいきません。

将来的にいざまともな開発案件にアサインされても、対応できずに苦労し、そのまま適応できなければ会社側としても仕事を振りづらい人材に仕上がってしまう可能性もあります。

「30代、40代で業種替え」

厳しい選択に追い込まれるケースも実際にあります。

全てはタイミング次第

会社の裁量や資質によってはある程度の融通を効かせてくれる事もありますが、大抵はタイミングという一つの要素に大きく左右されます。

※過去に自社の部長に「Web系の仕事したいんですけど」と相談したところ、「君が案件をとってきたら好きにしていいよ」という回答をいただきました。そういうことなんです。。

技術やスキルが成熟しない

前項にもつながりますが、仕事の引きに左右されるため特定の技術を狙って案件を得て、通常業務を通して学んでいくということは非常に困難です。

また、案件に携わっている間にその技術を習得しようと思った場合でも、案件のスパンとしては短期~中期の案件が多いため、業務知識の把握の方に割く時間の割合も多くなり、「期間内(工数内)に物を完成させる」を最優先事項とした作業となるため、技術的な成熟に充てる時間の捻出は大きな課題となります。

さらに上流工程や製品開発の重要な部分というのは客先エンジニアが握っていますため、我々協力会社に与えられるのは出来上がった設計書にそって手を動かすだけの得るものが少なく地味な業務である場合も少なくありません。

何か身になる技術を身に付けようとした場合には、プライベートな時間をやり繰りして取り組むなど労力とモチベーションを継続的に維持が不可欠です。

会社への帰属意識がなくなる

これは社員だけではなく、会社の経営者にとっても大きなデメリットであると思われます。

普段は客先常駐で散り散りになっている社員たちですので、社員間の意思の疎通やコミュニケーションは極端に少なくなります。

経営者や上層部もコレを危惧して月に一度の帰社日や会社イベントを頻発したりしますが、表面上で社員を繋ぎ止めるイベントの企画ではなく「経営の方もっと頑張れよ」とシラケけている社員も少なくないでしょう。

こうして会社に所属してはいますが、時折個人事業主であるかのような孤独な感覚を覚えることが多くなってきます。

やたら飲み会を頻発してコミュコミュ言ってる割に、退職者が出ても周知連絡よこさず、数か月後に知るとか意味不。

って長文書き疲れてグチ成分が増えてきました。

常駐により蓄積されるストレス

他社の敷地でお客様に囲まれて働くということは、個人の性格にもよりますが人によってはその環境だけで十分なストレスをもたらします。常に周りから見られ一挙手一投足を評価されているという僅かな潜在意識でも日々の不要なプレッシャーを感じながら仕事にあたることとなります。

そして出向先が変わるたびに大きな環境の変化による精神的負荷は避けられません。

いつまでもフレッシュマンではいられないのです。

定年まで働けない

「この働き方を定年まで続けられると思いますか?」

パソコンのディスプレイを破壊したい衝動に駆られた事が何度もある私としては、定年まであと30年も継続できる自身がありません。

年々仕事に対するモチベーションも低下していますため、「お金・生活の為」と割り切りで働き続ける事もできるかもしれませんが、できないかもしれません。

若い頃はこういった現状にも「この苦労も何かの糧になる」と、余計な事は考えずに前向きに取り組む事ができましたが年齢を重ね、勤続年数を重ねていくにつれてさほど変わらない経営スタイルと労働環境を踏まえて近い将来が目に見えてきます。

気力や体力の低下とあわせて、客先常駐という業務形態から受けるダメージは年々大きくなっているようにも感じます。

自社での立ち位置として適当な管理職に収まることができず、技術職で見た目上の経験年数だけ積んだプライドが肥大化した人間になんてなってしまうと、周りも自分も不幸になります。

夢や将来目標のロスト

上司や経営者は「夢のある話」をして社員を今ある仕事に注力させようとしますが、それが可能性のある話なのか、ただの絵空事なのかは数年勤めているとわかるようになります。

今あなたの隣で溜息をついている自社の先輩が5年後、10年後の自分の姿と考えて大きく違いはないということは容易に想像できるってもんです。

長年客先常駐の形態でその時の行き当たり的な仕事の仕方をしていると、仕事における夢や将来目標を設定し持ち続けることが難しくなり、最終的には現状維持的な思考に陥ってしまいます。

逆にしっかりとしたキャリアパス描いている人は早々に転職に踏み切っていると思われ、残っている上司や先輩も保守的な傾向が強いように思います。

客先での日々の仕事に追われ余力がないと段々と楽な方向に思考が流れてしまうのは致し方ない事なのかもしれません。

まとめ

客先常駐歴10年(現在進行系)の私がその業務形態から脱却すべき理由をあげてみました。

まとめとして一つ言える事は、

「転職は早ければ早いほどいい!」

【ぼくのきゃくさきじょうちゅうにっき】

とある客先常駐の一日
朝7:30分。iPhoneのアラームが鳴り響く。 スヌーズ機能のおそらく3回目か4回目あたりだろうか。 「ここまでか。。やむなし...
Sponsored Link
レクタングル大
レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする