iPhoneでEdyを使うために全力で努力した結果

アッポゥさん。いい加減なんとかならんもんかね。

日常的な買い物ではもっぱら「楽天カード(Edy機能付帯)」を利用して、こざかしくポイントを収集しているのですが、薄っぺらいカード一枚を差し出すために財布を持ち歩くことにそろそろ煩わしさを感じてきました。

こんな時だけオサイフケータイのあるandroidユーザーがうらやましくおもえるのですが、私が所持してるのは「iPhon6 Plus」。

そして最新のiPhone7でも非対応らしいし、今後を含めてスマホ端末側での対応予定は未知という。

「iPhone=オシャレ」

「オシャレ=我慢」

ゆえに「iPhone=我慢」

というアホな三段論法がふと頭に浮かびます。

カード収納可能なiPhoneケース

端末側での対応が現状不可能となると、必然的にスマホケース側への収納を考えるに至ります。

例えば「手帳型タイプ」。

収納が多くてあら便利。Edyカードどころかツタヤカードにぽん太カードと手広く持ち歩くことができます。

私の周りにもそういう人がいました。

でもね。。

「そうなるともう財布と大差なくね?」

手帳型ってかさばるし重いし、スマホ中毒者としては扱いずらい。スマホとカードが一本化されるもののスマートさに欠けますて。それはもう”スマホ”でなくて”ホ”ですって!

しまいには財布とカードケースの2つを携帯するという何がしたかったか意味不明で本末転倒な事態にもなりえます。

なので、なるべく嵩張らずにiPhoneとカードを一体化できるケースの類を物色した結果こうなった。

まずまずか!?

これまでケース不要論を豪語して裸族を押し通してきたため若干の違和感はあります。

しかし色々な意味でリスクの低いものを検討した結果なのです。

実際に装着してみると、厚さは必要最小限に抑えられており無駄な装飾や凹凸も無くシンプルデザインであるため、まぁ調べた中では最善の選択だったと思います。

衝撃に対する耐性はあまりなさそうな気がしますが、今回そこは目的ではありません。

価格も安いため「とりあえずカードを1枚収納したい」という方にはオススメといえます。

私は2日で慣れました。。

ちなみに本品は「araree VIEWTY(ビューティー) 」というケースです。

磁気問題について

あと、気になる点としてスマホとクレジットカードの様な磁気タイプのカードを接触させると磁気不良により「カードが読み取れなくなる」とかいう懸念があるらしいのですが、本品付属の磁気遮断シートを端末との間に挟んでいるため特に問題は発生していません。

使い始めはちゃんとリーダーが読み取ってくれるか少し不安であったため、ポケットに予備の小銭を忍ばせていたのはここだけの話。

まとめ

コンビニ、スーパーでの支払いがスッキリスムーズになり、除夜の鐘つきを目前に百余りある私の煩悩が一つ昇華されました。

尚、スマホを紛失したらカードの分も合わせてダメージ2倍になることはお忘れなく。

おしまい

Sponsored Link
レクタングル大
レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする