iPhoneケース選び。紆余曲折の末「無し」に落ち着く

iPhone6plusを使用し始めてから、早八ヶ月余り。

幾多もの出会い、葛藤、決別がありました。

ケースを試しては外し、

そして、試しては外し。

と短い期間ながら着せ替えたり、バーストさせたりとなかなか満足できなかったiPhoneのケース選びに終止符が打てそうです。

というのは、今の状態がずば抜けて「しっくりくる」。iPhoneが手に付くとでもいいましょうか使用感がこれまでに無いほどナチュラルなのです。

かつて選びに選び抜いて購入したどのケース(100円ショップは除く)も、100%満足に至るものではなかったのですが、いったいどの様な解決策に至ったというのか?

それは、当初選択肢としては存在したものの、闇に葬り去ったはずの禁断の果実。

何も付けない。」(生まれたままの姿で。。)

という答えに行き着いたからです。

と、タイトルに書いてしまってはいるのですが、「ケース無し」で使用する方向で落ち着いています。

きっかけとしては一度画面をバーストさせた後、AppCare+で見事新品になってカムバックした経緯があり、「壊しても生き返る」という幾度と無くZ戦士達を再起させたドラゴンボール並みの強烈なバックボーンの存在を知ってしまったことから、過剰に保護する意識がなくなった事が大きいと思います。

せっかくなので、ケース無しの利点をいくつか挙げますと、

手触りが気持ち良い。

ケースを取っ払って初めに感じるところは、これに尽きます。

購入日以来の製品本来の手触りの良さと薄さが心地良いです。

※無駄に手の中でクルクルさわさわしてしまいがちなので、落下に注意

画面タッチが滑らか

保護フィルムやガラスを貼ることで、画面タッチに引っかかりが生じたり、指紋が付きやすく画面が見にくくなって気になることが良くあったのですが、それらを取っ払うことで余計な段差や摩擦がなくなり、「見やすく」「操作しやすい」という操作性を最大限に発揮できるようになりました。

特にアプリで線を引いたり、描いたりといった細かい作業をやる時に恩恵を感じることができるでしょう。

見た目がかっこいい。おしゃれ。

RPGやアクションゲームの登場人物であれば、装備をつければつける程かっこ良くなるものですが、iPhoneに関しては装備をまとう程に野暮ったくなってしまう気がします。結局のところ本来の「シンプルでフラット」なデザインに勝るものはそうそうないのが現状なのです。

一度、iPhoneの本来の”自然美”を堪能する事をお勧めします。

良いことろだけ挙げてはみましたが、デメリットは言わずもがなです。

以後ほぼ確実に訪れるであろう、落下させてしまった時の後悔は容易に想像できますが、AppCare+の後ろ盾のもと、今を楽しみたいと思います。

Sponsored Link
レクタングル大
レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする