自転車(クロスバイク)通勤生活を3ヶ月続けて感じたデメリット

クロスバイクを購入して3ヶ月。

風の日も雨の日もペダルを踏み続けてきました。

新しいことを始めて高まったテンションも落ち着いてきて、自転車乗りとしての経験もある程度一巡したのかな~。という3ヶ月。

乗り始めにあたっては「運動不足解消」「ストレス解消」「経済効果バツグン」など

メリットばかりに目を向けていましたが、

実際に長期の自転車通勤を通してデメリットも伴うことも体感するようになりました。

今回はそれらデメリット(うっぷん)の全てを放出してみます。

なお、チャリ通勤は今後も続けていくつもりです。

デメリット1:太ももの肥大化

これは一般男性としては「たくましくなった」と喜べる事でもあったりするのですが、

私の場合、太もものパンプアップにより発生した実害があります。

「パンツ、スラックスの大半がピチピチになる」

元々細めの物を好んで履いていたためではあるのですが、

ものによっては太ももをねじ込まないと入らないものまで出てきた次第。

その様は女子のタイトなパンツスタイルです。

いい歳してプリケツが際立ちます。

結果、ワンサイズ大き目への買い替えを余儀なくされる結果となりました。

デメリット2:雨天での走行は色々メンドイ

雨の日は自転車用の雨具を身にまとい気合を入れて走行をしなければなりません。

基本的にクロスバイクはママチャリなどに比べて、タイヤの幅が細いため

相当滑ります

雨の日の道路は生命を脅かすトラップで満ちあふれています。

「道路脇の側溝」や「ちょっとした段差」にも要注意。

無謀な高速走行にいたっては、天国へ続いている可能性があります。

気をつけて低速で走っていてもガンガンすべるので、ある程度滑ることを想定しながら走行する必要があります。

基本的に危険予知のアンテナを常にMAXに張り巡らせている状態であるため、晴天時の5倍くらい疲れます。

また、家に無事帰れたら終わりではありません。

雨天走行後にはタイヤ、フレーム、チェーンの汚れがすさまじい事になっているため、最低限としては布などでの水分のふき取り、時間があれば水で洗い流して油をさすなどのメンテナンスを行うことが望ましいです。(最近は面倒すぎてやってません。ぶっちゃけ)

デメリット3:出社後の汗の処理

すっかり暖かくなったこの季節。

天気が良く、気温が高いと汗をかくことがあります。

今はハンドタオルでの拭くくらいで何とか落ち着かせていますが、

夏本番は着替えの準備と、汗が引くまでの猶予を確保するために早めの時間に出社する必要が出てきそうです。

あとは、日焼け止め対策も必要か。

デメリット4:大きい買い物は厳しい

収納はリュックサックを使用しているため、コンビニでスナックとビールくらいであれば余裕。ちょっとした食材の買出しは可能です。

それ以上、つまるところリュックに入らないサイズの買い物は厳しいです。

長ネギの購入を何度見送ったことか。(背中にネギを背負った「カモネギ」スタイルになる)

 デメリット5:髪型は風次第

朝の髪型セットは無意味です。

風の具合により「五五」にも「七三」にも、「右わけ」にも「左分け」にもなります。

短髪にするのがブレが少なくて良いかと思っています。

デメリット6:メンテナンスの労力と時間

デメリット2とかぶりますが、やはり「メンテナンス」が一番大変です。

定期的な空気圧のチェック、チェーンの洗浄、ブレーキやギアの調整を行わなければ確実に走行に支障が出てきます。

しかも一つ一つの作業が結構手間で時間がかかるものが多いので、たまにツライ。

私はずぼらな方ですが、少なくとも2週間に1回くらいは何かしらの作業を行っている印象です。

まとめ

考えてみると、メリットよりデメリットの方がぽんぽんと出てくる現実(笑)

しかし、これらと天秤にかけても継続する価値、メリットは大きいと思いますので、

明日も張り切ってペダルを漕ぎます!

いい天気になることを願って。

今年から梅雨がなくなるといいな~(願望)

おしまい

Sponsored Link
レクタングル大
レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする