クロモリフレームのクロスバイクを選んで良かった理由

クロスバイクやロードバイク選びにおいて重要な位置づけとなるのが「フレームの素材」。

今回は根強い人気を誇る「クロモリフレーム」についてその特徴からメンテナンス方法まで徹底解説します。

GIANTなどの主要なメーカーで割合的に多く利用されているのはアルミフレームかと思いますが、私の愛車であるLGS-BTNはクロスバイクとしては少しめずらしく、「クロモリフレーム」が使用されています。

クロスバイク選びのいろはも分からないまま、ほぼ見た目オンリーで選んだ経緯もありアルミフレームとクロモリフレームの違いやメリット、デメリットを当時はあまり意識していませんでしたが、今となってはクロモリフレームの車種を選んで良かったと思っています。

それでは「クロモリとは何か?」「どういう点で有利か?」「オススメの車種」をご紹介していきます!素材選びのご参考までに一読いただければと思います。

Sponsored Link

クロモリフレームとは?

普段の生活では聞きなれない言葉ですが「クロモリ」とはクロームモリブデン鋼の略称で、

名称の通りで鉄に”クロム”と”モリブデン”を添加した合金の一種です。

んーいまいちピンと来ないかと思いますが、ざっくり鉄の友達とでも理解しておきましょう。

理論はさておき、この金属の特徴としては「強度に優れている」、「溶接が容易」であるという点が挙げられます。この特徴から自転車のフレーム以外にも、自動車部品航空機など様々な用途で使用されています。

強度に関してどれくらいのポテンシャルがあるのか、実に分かりやすい実験動画がありましたのでご覧ください。

クロモリを筆頭に様々な金属にインパクトを与え、その耐衝撃性を実際に比較しています。

初めに登場するのが我らが「Chromoly(クロモリ)」、そして3番目に登場するのが「Aluminum(アルミニウム)」。

一目瞭然ですね。単純な変形度合を測ると目視で3倍程の剛性があるのではないかということが見て取れます。

クロスバイクにおけるメリット

クロスバイク、ロードバイクにおけるクロモリフレームにはどのようなメリットがあるのでしょうか?

普段の乗車で特に恩恵を感じているポイントを中心にピックアップしていきます。

乗り心地がよい

文句ナシ。抜群にいいです!

アルミフレームに比べて、柔軟性があるため乗り心地が一段違います。

知人のGIANTを拝借して乗ってみた時に、

「同じクロスバイクでもここまで乗り心地の違いが違うのか」

と思うくらいにはっきりと違いが分かりました。

走り出しの軽さでは軽量のアルミフレームには劣りますが、振動吸収性が高いため、多少コンディションが悪い道路での走行でも衝撃を緩和してくれます。

特に路面の状態が一定でない街乗りではその真価を発揮します。

私の場合も、通勤経路で利用している国道があまり良いコンディションといえず、場所によっては細かい凹凸がとても多いところもあるため、この特徴は日々の安全で快適な走行において非常に重要なものであります。

長距離での走行となると乗り心地の良し悪しが疲労度に大きく影響してくるものです。

どちらかというと加速やスピードよりも、マイルドな乗り心地を重視される方向けの走行性能です。

スマートな見た目

細くてスッキリしたスタイル!

アルミフレームの場合は一定の強度を備えるためにある程度、フレームの太さを確保する必要があります。比較して強度のあるクロモリの場合は円形断面の細目のパイプ形状となっており、全体の印象として非常にスッキリしたシルエットとなっています。

この辺は個人的な趣向の話となりますが、そんなスタイリッシュな印象と実性能を兼ね備えているところがいいんです。

ぶっちゃけた話、私が購入するクロスバイクをチョイスした理由は、性能や乗り心地うんぬんよりも、初見の見た目の良さに一目ぼれしたという点が大きいです。

長く乗るにあたって、見た目が趣味にあっていることに越したことはありません。それをもってして、多少のデメリットくらい気にならないものです(笑)。

ヒビや割れの心配がない(頑丈)

素材の強さが秀でている!

カーボンやアルミフレームでよくあるヒビや割れがほとんど無いと言われており、長く使えるとことがメリットの一つです。

過去に一度、段差に衝突して前輪が再起不能なまでに歪曲させた事がありましたが、フレーム自体は歪みや損傷は全くなく前輪の交換だけで事なきを得た経験があります。

乗車していた人間(私)が空中を半回転するほどのかなりの衝撃とダメージであったため、アルミフレームだったらこうはいかなかったかもしれないと今になって思います;

フレームのヒビは走行中の思わぬアクシデントにも繋がりかねないので、この点についてもクロモリフレームの優位性があると考えられます。

デメリットも少し

いいところしか書いていませんが、当然デメリットもあるにはあります。

サビに弱い

やはりアルミよりもサビに弱いです。

雨の日に乗らないのであれば基本的に問題ありませんが、日常の足として雨の日も使用する場合は少し気を遣う必要があるかもしれません。

フレームの塗装部分はあまり心配ありませんが、金属が露出している部分は雨にさらして放っておくと小さなサビがでていたりすることがあります。

完全にキレイな車体で乗り続けたいのであれば、「極力、雨にぬらさない」「雨にぬれたら布などでふき取る」などのメンテナンス上の気遣いをマメに行いましょう。

やや重い

乗車時には特に気になりませんが、アルミフレームのモデルと比較すると素材分の重量が少しあります。

メンテナンス時など車体を持ち上げるシーンで少し感じるくらいなので、デメリットに感じる事は少ないかもしれませんが。。

クロモリフレームのクロスバイク

以上を踏まえて「そこそこ走れる」「乗り心地抜群」なクロモリフレームを採用した車種をいくつかご紹介したいと思います。

RALEIGH(ラレー)のRFC(ラドフォード・クラシック)

RALEIGH(ラレー) クロスバイク Radford Classic(RFC) パールホワイト 520mm

乗り心地もさることながら、やはり見た目の良さにやられます。

クラシックでシュっとしたデザインがたまりません。サドル、ハンドルのブラウン調の合皮もポイントになって全体としてまとめ上げられてます。

FUJI(フジ)のSTROLL(ストロール)

洗練されたデザインで評価の高いFUJIのモデル。FUJIの製品ってすごくおしゃれなものが多くてパッと目につくんですよね。無駄が無い車体にどうしても惹かれてしまいます。

FUJI(フジ) STROLL クロスバイク 2017年モデル サイズ541SPEED、クロモリフレーム、700C ブラック 17STRLBK54

FUJI(フジ)のPALETTE(パレット)

FUJI(フジ) PALETTE クロスバイク 2017年モデル サイズ1924SPEED、アルミフレーム、700C マットブラック 17PALTBK19

同じくFUJIのPALETTE。人気のストリート系バイクです。

少し趣旨からはずれますがメインフレームはアルミ、フォーク部分がクロモリとなっています。

つまりは、アルミとクロモリのいいとこどりです!

細身ながらスポーティーさを追求した見た目と走りを兼ね備えた傑作なので紹介させていただきました。

GIOS(ジオス)のAMPIO(アンピーオ)

GIOS(ジオス) クロスバイク AMPIO WHITE 540mm

シックなシリーズから打って変わって、「がっつり走れる系クロスバイク」の登場です。

こちらも人気上位に食い込んでくるクロスバイク乗りに支持されているモデルです。

シャープで軽快な操作性とロングライドもこなせる乗車感も人気の理由の様です。

「カッコいい」を求めるなら検討の価値あり!

RITEWAY(ライトウェイ)のSTYLE(スタイル)

初心者に優しくコスパに優れたRITEWAYの2018年新作モデル「STYLE」!

https://www.riteway-jp.com/bicycle/riteway/2018specialwebsite/styles

過去にRITEWAYシリーズの購入を本気で検討していた私にとっては非常にそそるものがあります!

カラーリングも5種類と豊富で、渋いネイビー系のカラーがカッコいいです。

さらに今回登場する2018年の最新モデルはなんと「フルクロモリ」。

低価格にして安定のSHIMANOコンポーネントとあわせて、安心の走行性能を保証してくれること請け合いです。

特にビギナーの人で「何を買おうか迷っている方」や「とりあえずクロスバイクというものに乗ってみたいという方」には是非お勧めしたいシリーズです。

メンテナンスの方法について

定期メンテナンスの内容

基本的な定期メンテナスの方法は、他の素材の場合と変わりなく難しいことは特にありません。

主な作業内容としては以下が挙げられます。

  • チェーンの洗浄
  • ギアの洗浄
  • 車体の洗浄
  • 注油(オイルの塗布)

準備するものとしても、クリーナーやブラシ等メンテナンスに必要なグッズがオールインワンになっているものがあればとても便利です。

※メンテナンススタンドもあれば便利ですが、無くても問題ありません。

無い場合は車体を逆さにしてサドルとハンドル部を地面に設置することで対応が可能です。(私はもっぱらこの方法)

どれくらいの頻度でやるか?

週1でやるべきという人もいれば、せいぜい月1程度という人もいるので、

部屋の掃除と同じで個人の趣味やとれる時間によって変わってきます。

常にベストな状態を保つためには、週1が正解と言えそうですが、なかなか毎週末のメンテナンスというのは現実的にハードルが高いと思います。

私の主観となりますが、最低限の目安としては3週間~1カ月に1回程度。

「走行性能が少し鈍ってきたかな?」と気づいたタイミングでメンテナンスを行っています。

少しサボったくらいで、著しく走行性能が落ちたり、急激に劣化が進むという事はないのであまり神経質になる必要はないかと思います。

雨にふられた後のケア

上記の定期メンテナンスに加えて、雨に濡れた場合にはできるだけケアしたいところ。

特にクロモリフレームの場合は「サビに弱い」という特性もありますので、雨に濡れた後は

  • 車体についた水滴をウエス(布)でふき取る
  • オイルを注油する

を可能な限り実施してあげると良いでしょう。

まとめ

クロモリフレームの魅力を分かっていただけましたでしょうか?

主に通勤で利用している私としてはクロモリフレームにして良かったと感じる事が多々あります。

通勤用ではなく趣味乗り用のクロスバイクを購入する場合は再考の必要があると思いますが、強度と乗り心地を兼ね備えたクロモリフレーム。

街乗りやまったりポダリングにマッチした素材としてオススメです!

ご参考までに。全力でコスパ重視ならこちら↓

【コスパ重視】初心者にオススメなクロスバイク 至極の3選!
「クロスバイクの購入を検討しているけど一体何を基準に選べばいいのか。。」 クロスバイクと一口で言っても数多くのメーカーがあり、...
Sponsored Link
レクタングル大
レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする