クロモリフレームのクロスバイクを選んで良かった理由

クロスバイク選びにおいて重要な観点であるフレームの素材についてです。

GIANTなどの主要なメーカーで利用されているのはアルミフレームかと思いますが、私の愛車であるLGS-BTNはクロスバイクとしては少しめずらしく、「クロモリフレーム」の仕様となっております。

クロスバイク選びのいろはも分からないまま、ほぼ見た目オンリーで選んだ経緯もありアルミフレームとクロモリフレームの違いやメリット、デメリットについてはあまり意識していませんでしたが、今となってはクロモリフレームの車種を選んで良かったと思っています。

Sponsored Link

クロモリフレームとは?

普段の生活では聞きなれない言葉ですが「クロモリ」とはクロームモリブデン鋼の略称で、

名称の通りで鉄に”クロム”と”モリブデン”を添加した合金の一種です。

特徴としては「強度に優れている」、「溶接が容易」であるという点が挙げられます。この特徴から自転車のフレーム以外にも、自動車部品航空機など様々な用途で使用されています。

クロスバイクにおけるメリット

クロスバイク、ロードバイクにおけるクロモリフレームにはどのようなメリットがあるのでしょうか?

普段の乗車で特に恩恵を感じているポイントを中心にピックアップしていきます。

乗り心地がよい

アルミフレームに比べて、柔軟性があるため乗り心地が良いです。

知人のGIANTを拝借して乗ってみた時に、同じクロスバイクでもここまで乗り心地の違いがはっきりと分かりました。

振動吸収性が高いため、多少コンディションが悪い道路での走行でも衝撃を緩和してくれます。

私が普段の通勤経路で利用している国道はあまり良いコンディションといえず、場所によっては細かい凹凸がとても多い箇所もあるため、この特徴は日々の安全で快適な走行において非常に重要なものであります。

スマートな見た目

アルミフレームの場合は一定の強度を備えるためにある程度、フレームの太さを確保する必要があります。比較して強度のあるクロモリの場合は円形断面の細目のパイプ形状となっており、全体の印象として非常にスッキリしたシルエットとなっています。

この辺は個人的な趣向の話となりますが、そんなスタイリッシュな印象と実性能を兼ね備えているところがいいんです。

ヒビや割れの心配がない

アルミフレームにあるフレームのヒビや割れがほとんど無いと言われており、長く使えるとことがメリットの一つです。

過去に一度、段差に衝突して前輪が再起不能なまでに歪曲させた事がありましたが、フレーム自体は歪みや損傷は全くなく前輪の交換だけで事なきを得た経験があります。

乗車していた人間(私)が空中を半回転するほどのかなりの衝撃とダメージであったため、アルミフレームだったらこうはいかなかったかもしれないと今になって思います。

フレームのヒビは走行中の思わぬアクシデントにも繋がりかねないので、この点についてもクロモリフレームの優位性を感じます。

デメリットも少し

いいところしか書いていませんが、当然デメリットもあるにはあります。

サビに弱い

アルミよりもサビに弱いです。フレームの塗装部分がサビることはないですが装がなく金属が露出している部分は雨にさらして放っておくと簡単にサビます。

サビ止め、サビよけ、サビ落としと「メンテナンスに余計に手間がかかる」ことが最大のデメリットであると思います。

雨の日に乗らないのであれば問題無いのですが、通勤の足としているのでそうもいきません。。

やや重い

乗車時には特に気になりませんが、アルミフレームのモデルと比較すると重量があります。

メンテナンス時など車体を持ち上げるシーンで少し感じるくらいなので、あまりデメリットにはならないかもしれませんが。

まとめ

クロモリフレームの魅力を分かっていただけましたでしょうか?通勤用ではなく趣味乗り用のクロスバイクを購入する場合は再考の必要があると思いますが、現在の自分のライフスタイルや趣向とあっているのはクロモリフレームに満足しています。

ご参考までに。

Sponsored Link
レクタングル大
レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする