久々のメガネ選び。「カラーコントロール」か「ブルーライトカット」か

この前の休日、「JINS」でメガネを買いました。2本

メガネコレクターではありません。必要に迫られたからです。

購入に至る背景については、2週間ほど前にさかのぼります。

それまで使用していたメガネのフレームが折れました。

2本所持していましたが僅か1日の内に「全滅」。

まさか、我が人生でメガネを2本も破壊する日が来るとは想像もしてませんでした。

  • 1本目

最近、動きが活発になってきた保育園児のおいっこ。

時々遊び相手をしてやるのですが、予想以上にパワフルなコミュニケーションをとってきます。

子供のチョップだと思って舐めてかかると、このような結果になります。

ブルーライトカット加工ですこぶるお気に入りだったんだが。

さらば!メガネ1

  • 2本目

悪い習慣で時々メガネをかけたまま寝てしまうことがあります。

メガネ1が甥っ子の豪腕により破壊されたその夜の事。

その日もメガネをかけたまま寝てしまい、夜中にふとトイレに行きたくなって目を覚まします。

暗い部屋の中、寝ぼけ眼でトイレへのルートを辿っていましたが、

この日はツキが悪かったのか、部屋の柱の角に顔から衝突。

痛っっ!!・・・くない。

顔面へのダメージと引き換えに「メガネ2」は犠牲となったのです。

こうして、私の視界は奪われました。

そうだ、JINSに行こう

会社から近いのと良心的な価格設定、豊富なバリエーションで、私からの信頼を一身に受けているのが。そう「JINS」(説得力なし)

前回のブルーライトカットメガネの購入から一年以上。

久々に立ち寄ってみました。

とりあえず一本あれば、不自由は解消されるため、ざっくりと以下の条件で候補を選定します。

「顔や輪郭にフィットしている」

「重過ぎない」(長時間かけるため、軽い方がいい)

今まで選んだメガネは数知れず。中堅メガマス(メガネマスター)である私の信条は、

「メガネ選びはファーストインプレッション

服と一緒で試着してみて「コレだ」というものを探し当てる作業です。

選定作業の上、至極の一本を決定

丸いめがね、四角いメガネ、赤いメガネ色々試してみます。

形状の好みとしては断然「丸い」メガネなのですが、

かけてみると新渡戸稲造か滝廉太郎の呪縛にかかっているとしか思えないサマに仕上がってしまうのは私だけでしょうか。

最終的に「黒縁、横長フレーム」のフィット感に勝るものはなく、無難な線におちつきました。

ブルーライトカット25%加工のオプション付きで1万円ちょいとまずまずの価格帯。

こんなところで手をうちますかね・・・

と思った矢先、気になるものを目が捉えます。

カラーコントロールレンズ

紫外線を受けてレンズのカラーが変化するというものです。

つまりは室内では普通のメガネですが、外に出て日光を浴びるとサングラスに早変わりという優れもの。

夏に向けて結構使えそうな印象を受けました。値段は1本目と同額です。

絶賛クロスバイク通勤中の私としては、革命的なアイテムになる可能性を秘めています。

試さない手はない

このタイミングで何故か購買意欲にブーストがかかります。

最終意思決定

「2本」買う。

冒頭の行為につながりました。

カラーコントロールレンズはサブ的な位置づけでの使用を想定していますので、

一本目とはデザイン面で志向を変えて「丸めのフレーム」にしました。

ビジネスとプライベートで使い分けを楽しむのもいいですね。

※画像の手前が「カラーコントロール」、奥が「ブルーライトカット」

抜かりない2段構えの図。私に見えないものはない!

まとめ

メガネを2本破壊した。

メガネを2本買った。

尚、メガネ購入後は悪天候続きのためカラーコントロールレンズの効力は発揮されていない。

(追加情報)

購入時に「ネットで使える20%OFFのチケット」がついてきたのは若干ショックでした。

2本目は店舗で実物をみて、ネットで買うのが賢いのかもしれません。

おしまい

Sponsored Link
レクタングル大
レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする