ChromecastとdTV(旧dビデオ)アプリのタッグが快適すぎてニート

ここ最近、dTV(旧dビデオ)などのアプリの快適さに魅せられています。その快適さを加速される存在がChromeCast。

dTV×ChromeCastのおすすめポイントを紹介します。

Sponsored Link

dTV×ChromeCastの良い所

外出不要!出不精に最適

レンタルDVDショップに行く必要がなく、自宅にいながら、お手軽に様々なタイトルを物色できるのが最大の利点です。

難点は私のような出不精が手を出すと、間違いなく引きこもりをこじらせる事請け合いです。

私の場合も少し前まではゲオやTSUTAYAへDVDを借りていたのですが、今や完全にdTVに置き換わっています。

映像がキレイ

テレビ出力にも十分耐えうるキレイな画質で鑑賞できるのです。

ご参考までに、私の自宅ネット環境はwimax(無印)使用でせいぜい下り3M程度のオンデマンドにおいては十分とはいえないWifi環境でのキャストではあるのですが、海外ドラマ一本を見終える間特に映像の乱れや遅延などは無く、画質の荒さもあまり感じませんでした。

導入と操作が簡単!

ChromeCastとdTVの連携というと小難しそうな印象を受ける方もいると思いますが、導入のプロセスがわかり易くステップも少ないためとても簡単です。基本はテレビ画面の指示に従って進めていくだけでセットアップが済むので迷うことがありません。

またアプリからのキャスト操作やタイトルの切り替え、音量調整などリモコン感覚で使用可能で手軽に操作できるところが快適ポイントです。

まとめ

快適なオンデマンドライフにおすすめなdTV×ChromeCast。こいつはニート製造タッグでしかありません。

ちなみに私はiPhoneユーザなので、同様の機能を備えたAppleTVにも引かれてますが、販売価格がChromeCastの倍近くするのでまだ様子見中です。

Sponsored Link
レクタングル大
レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする