日記・ネタ系

  • 2016.11.04

とある客先常駐の一日

朝7:30分。iPhoneのアラームが鳴り響く。 スヌーズ機能のおそらく3回目か4回目あたりだろうか。 「ここまでか。。やむなし。。」 カーテンの隙間から差し込む朝日に観念しモッタリと、いやネットリと体をひねり起こす。 現場の就業開始時間は9時。 自社の面を汚すわけにはいかないので遅刻には十二分に気を付けなければならない。 フレックス、シフト勤務?プロパーにのみ与えられているらしい権利はこちら側の […]