iPhoneの充電ケーブルを無償交換する手順 AppleCare+

「気づいたらiPhoneの充電ケーブルが断線してた!」

iPhoneのケーブルって強度が低いイメージ。

過去にも断線したことがあり、その際は保証期間外であったこともあり割高な純正品ではなく量販店で代替品を購入してしのいだものです。

ですが今回はその辺の対策には抜かりありません。

なぜなら、

AppleCare+ に加入しているから

サポート受ける手順としては、大きく以下の方法があります。

  • 配送修理(エクスプレス交換サービス)
  • 持ち込み修理

今回はWebからの手続きで交換品を配送してくれる配送修理(エクスプレス交換サービス)で依頼します。

前にiPhone本体の液晶割れの時にも利用したこのサービス。地方在住で近くにAppleの正規サービス店舗がない人にとっては実にありがたいです。

持ち込み修理と違い数日の配送期間を要しますが、緊急のケースでなければ自宅で全て完結できるので出不精の私のためのサービスといっても過言ではないでしょう。

依頼ついでにサービス申し込みの手順をざっとご紹介します。

1.サポートサイトにアクセスする

Apple サポートにおまかせください。人気のトピックや、Apple 製品のことで困った時に役立つさまざまな情報をご案内します。

上記サポートサイトへアクセスし、

対象の製品である「iPhone」をクリックしiPhoneサポートのページへ。

2.修理サービスの申し込みページへ遷移

「修理」をクリックしiPhoneの修理ページへ移動。

「その他修理」をクリック後、画面下部の「修理サービスを申し込む」をクリックしお問合せページへ移動。

お問合せページにて以下を選択していく。

①「修理と物理的な損傷」をクリック

②「イヤフォン、ケーブル、またはアダプタの交換」

3.サポート方法を選ぶ

この画面で、今回の目的である配送修理(エクスプレス交換サービス)が選べます。

移動先ページにて、交換が必要な部品として「ケーブル」をクリックし

続いてシリアル番号、IMEI、MEIDのいずれかを入力し認証を進めます。

※いずれの認証用コードもiPhoneの「設定 ⇒ 一般 ⇒ 情報」から確認可能です。

4.交換部品の選択

交換部品であるUSBケーブルを選択。

(何故か部品の画像の取得に失敗してますが、赤枠あたりをクリック)

なお、ここで表示されている金額は「未返却料」ですので、

もし「新しい部品と交換の返送部品を返送していない」とか

「通常使用範囲を超えた物理的破損などにより保証対象外」と判断された場合に請求される金額となります。(クレジットカードの信用枠として一時的に確保されます。)

通常利用の破損でサポート手順を守って返送すれば、まず請求されることはないでしょう。

5.配送先などの指定

配送修理の申し込みページで、配送先や支払方法(未返却料用)などを設定し、

最後に「修理サービスリクエストの送信」をクリックして申し込み完了です。

まとめ

申し込みの手順としては大体こんな感じです。簡単でしょう?

正味5分程度の申し込みで後は配送業者さんがくるのを待つのみです。

しばしばiPhoneトラブルに見舞われている私としては入ってよかったAppleCare+。

その中でも至れり尽くせりの最たるサービスが「配送修理サービス」だと思います。

おすすめなので機会があれば是非試してみてくださいね。

おしまい

Sponsored Link
レクタングル大
レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする